キッチン用品

【商品レビュー】どこでもエスプレッソが飲める『Leverpresso』を実際に使ってみた!

Leverpresso アイキャッチ画像

突然ですが皆さま、今日も美味しいコーヒー飲めていますか?
朝食後にはうま味がぎゅっと凝縮されたコク深めのエスプレッソが最高ですよね。

ところで先日Hacktsuでご紹介した『Leverpresso』の記事はもう読んでいただけましたか?
現在クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGでプロジェクト掲載中の製品なので、まだ見ていない人は先に↓こちらをチェックしてみてください。

どこでも本格コーヒータイム!レバーで入れるエスプレッソメーカー『Leverpresso』

こちらの『Leverpresso』ですがまだプロジェクト期間中にも関わらず、プロジェクターのヤベツジャパン株式会社様から製品サンプルを提供していただくことができました!
ということで僭越ながら支援者の皆さまより一足早く実際に使ってみたので、良いところ悪いところ含めてレビューさせていただきます。

ちなみに実際に使ってみた感想としては、「支援して間違いなし」の製品です。

『Leverpresso』が届きました!

プレス式を採用することで火を使わずどこでも手軽にエスプレッソが楽しめる製品『Leverpresso』。
クラウドファンディングでも大注目の製品となっており、この記事を書いている10月24日時点ですでに目標金額の392%を達成しています。

Leverpresso プロジェクトページ

まずプロジェクトページで分かる通り本体のデザインがとてもオシャレですが、パッケージのデザインも負けず劣らずの洗練されたデザインでした。
中には本体予備のパッキン(Oリング)が一つ、それから説明書が同梱されています。

カラーはダークグレー・ライトグレー・パステルブルー・ピンクの4色がありますが、今回は偶然にも一番気になっていたパステルブルーでした。

Leverpresso パッケージ

一通り分解してみる

それでは早速広いテーブルに場所を移しまして、製品を細かく見ていきます。

 Leverpresso トップ画像

サイズは500ml缶と同じくらいで、小さすぎず大きすぎずでかなり扱いやすいサイズ感というのが第一印象でした。

Leverpresso 本体を分解したところ

まず本体を分解してみます。
左からコップ・ポーターフィルター+バスケット・タンパー・キャップ、そして後ろに本体です。

Leverpresso バスケットのアップ

これがコーヒーを入れるところで二層のフィルターとなっており、意図的に圧力を高められる仕組みになっています。

 Leverpresso フィルター裏側

裏側中央には小さな穴が一つ開いていて、どうやらここからすごい勢いでエスプレッソが噴出されるようです。
おそらくほとんどの人が初期洗浄をするでしょうから、まずは徹底的にバラしていきましょう。

 Leverpresso09 本体とコイン

本体の分解には大きめのマイナスドライバーでもいいですが、傷をつけたくないならコインがオススメ。
ちなみに説明書にもコインで分解できるとの記載がありました。(今回は5セントコインを使用)

 Leverpresso コインでネジを外す

こんな感じで両側からコインを当ててネジを回していきます。
最初だけかなり固いですが、緩んでしまえばクルクルと力を入れずに回せます。

 Leverpresso ネジを外した所

ネジが外れました。
反対側も同じように外していきましょう。

 Leverpresso 分解したところ

分解完了です。
組み立てる際にはレバーに付いているギアのかみ合わせに注意しつつ、プレスパーツの高さをちょうどいい位置に調整して組みましょう。
右上に写っているフィルターのつけ忘れに注意です。

実際にエスプレッソを入れてみよう!

洗浄が完了したらいよいよエスプレッソを入れてみます。
今回は詳細なレビュー記事を作成したかったので、写真映えするオシャレなコップなどは使わず本体のみでの抽出に挑戦しました。

 Leverpresso コーヒーを軽量

フィルターをコップにセットして、計りの上にセットします。
今回はドリップ用の中挽きしかありませんでしたが、結果として抽出自体は問題ありませんでした。(エスプレッソの推奨は細挽き~極細挽きです。)

 Leverpresso タンパーで圧縮

タンパーを使って押し固めます。

 Leverpresso 圧縮後

こんな感じである程度の硬さになったら本体にこのままセットしましょう。

 Leverpresso お湯を注ぐ

外での使用を想定してあえて水筒に入れたお湯を注いでみました。
注ぎ口が大きいので問題なく注げます。

 Leverpresso レバーを開くとお湯が落ちる

レバーを開くとお湯が吸い込まれるようにプレッシャーの下側に落ちていきました。
画像の位置までレバーを開いたら、いよいよ抽出していきます。

 Leverpresso 抽出完了

レバーを下まで下ろしました。
最大9気圧がかかるということでレバーを下ろすのに多少の力がいりますが、女性でも問題なく扱えそうです。
ちなみに力を入れすぎて早く下ろしてしまうと圧力に耐えきれずお湯が横から噴出するので気をつけましょう。

 Leverpresso 抽出したエスプレッソ

これで抽出完了です。
撮影していたのでコップを取り外すのに時間がかかってしまいましたが、外した瞬間豊かな香りクレマがお出迎えしてくれました。
画像で説明するとかなり時間がかかっていそうですが、計量から抽出まで2分たらずでできてしまいます。

出来上がったエスプレッソに感動!

気になるのは出来上がったエスプレッソの味だと思いますが、これはビックリするほど美味しいです。(※味覚には個人差があります。)
普段は直火式のマキネッタを使用しているのですが、『Leverpresso』の方がしっかりとコクがあって苦味も若干強く感じます

だからといってエグミがあるというわけではなく、コーヒー豆自体の味を存分に引き出してくれているといった印象でした。
ちなみにコクと味がしっかりしているので牛乳に入れてカフェラテにしてもとても美味しいです。

エスプレッソ

 『Leverpresso』を使用するデメリットは?

週末に 『Leverpresso』とお湯を入れたマイボトルを持って出かけましたが、出先でもランチの後にエスプレッソが飲めるって最高ですね。
今では自宅以外での使用頻度の方が高く、バッグには常に 『Leverpresso』が入っています。

最後に 『Leverpresso』を使うことのデメリットですが、これは強いて言うなら抽出は手軽でも洗浄するのに一手間を感じることかもしれません。
とはいってもランニングコストがかかるわけではないので、洗浄するのさえ面倒でなければ自宅用としても断然おすすめです。

プロジェクト期間中は定価より20%お得¥10,240で購入できますので、エスプレッソが好きな人や「エスプレッソにチャレンジしてみたい!」という人は 『Leverpresso』をぜひお試しください。

Leverpresso 紹介画像

プロジェクトページ:GreenFunding

合わせて読みたい記事

  1. Leverpresso 紹介画像 どこでも本格コーヒータイム!レバーで入れるエスプレッソメーカー『…
アプリ,デート,ディナー
  1. 時計 時差 タイムゾーン
  2. カードゲーム
  3. CoolSolo トップ画像
  4. 時計,レトロ,ヴィンテージ
  5. FPS,TPS,アプリ
  6. パンフォーユー 美味しい冷凍パン
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!