インテリア・雑貨

【名刺忘れ防止】薄い名刺入れ『KEEP SMART』を財布に忍ばせて

名刺交換するビジネスマン

今日は社長との大事な商談。ここでミスをするわけにはいきません。
しかし、商談5分前にとんでもないことに気がつきます。

「しまった!名刺を忘れた・・・」

営業マンならこんな最悪の事態には絶対に陥りたくないですよね。とはいえ「うっかり名刺を忘れてしまう」のはよくあることです。

それならいつも持ち歩く財布に、名刺入れを忍ばせておけばいいのです!
今回は極薄スマート名刺入れ『KEEP SMART(キープスマート)』を紹介します。

財布に名刺入れを忍ばせる

KEEP SMARTを財布に入れる

『KEEP SMART』の特徴は、とにかく薄いことです。その厚さは1.2mmでクレジットカード1枚と同サイズです。
これなら財布のカード入れにスッと『KEEP SMART』を忍ばせることができますね。

「わざわざKEEP SMARTで保護しなくても、直接財布に名刺を入れればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、そのままだと名刺が折れてしまうんです。
商談相手に折れた名刺を渡してしまったら、一瞬で信用を失います。

財布に入れてもかさばらず、名刺が曲がらないのが『KEEP SMART』の魅力です。

名刺を美しい状態にキープ

名刺を渡すビジネスマン

ふだんしっかり名刺入れを使っている人でも、名刺を綺麗な状態に保つのはなかなか骨が折れます。
「角がつぶれる」「反り返る」「汚れる」などは日常茶飯事で、「名刺入れの中に渡しても問題ない名刺が一つもない」なんてことがよくあります。

『KEEP SMART』を使えば、それらの問題は簡単に解決します。特許取得済みのステンレス鋼版が名刺を「折れ」や「汚れ」から守ってくれます。
革製の名刺入れの中に『KEEP SMART』を忍ばせて、2重に名刺を保護するのも賢い対策です。

インク写りを防止する仕切り板

インク写りした名刺

『KEEP SMART』は薄い分、名刺同士が密着するので、インク写りが発生してしまう弱点がありました。

そこで考案されたのが、わずか0.1mmの仕切り板です。これでほとんど厚みを加えることなく「インク写り問題」を解消しました。

KEEP SMARTの仕切り板イメージ

ただし仕切り板は2枚なので、『SMART KEEP』に収納できる名刺は3枚までになっています。
少ない気もしますが、「うっかり名刺を忘れた時の予備」と考えれば十分な枚数ではないでしょうか。

財布以外にも収納できる

財布に『KEEP SMART』を入れておけば名刺を忘れることはまずなくなると思いますが、「財布を忘れてしまう」可能性も無視できません。

それならもっと忘れにくいであろうスマートフォンのケースに『KEEP SMART』を忍ばせておくのはどうでしょうか。

KEEP SMARTをスマートフォンケースに入れる

スマホならいつもスーツのポケットに入っていますし、商談前にケースから『KEEP SMART』を取り出して胸ポケットに入れておくといいでしょう。
スッと胸から名刺入れを差し出せば、顧客から「こいつはできる奴だな」と好印象を得られるかもしれません。

その他にはカバンのポケットに忍ばせておくのもいいですね。毎日同じカバンを使っている人なら、ずっと『KEEP SMART』を入れたままにしておくことで「名刺忘れ」を防止できます。

KEEP SMARTをカバンのポケットに入れる

これだけ薄いからこそ、あらゆるところに収納できてしまうのが特筆すべきポイントです。

価格は?どこで売ってる?

KEEP SMART 商品イメージ

いざという時のために、綺麗な状態で名刺を保管しておける極薄スマート名刺入れ『KEEP SMART』。気になるのはその価格と入手法です。

株式会社ツカダが2017年8月にクラウドファンディングMakuakeで募集を開始し、3日目で目標金額の3倍を超える資金調達に成功しています。
人気を博したこの名刺入れは、現在もMakuakeから¥3,000で購入することができます。

できるビジネスマンは名刺管理も徹底しています。あなたも『KEEP SMART』を財布に忍ばせてみてはいかがでしょうか。

 

参照元: Makuake

LYKKE diy 手づくり
  1. Domino Pro オーディオ バイク 女性
  2. LIMBO スピニングトップ
  3. 人をダメにするクッション リラックス
  4. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  5. Beeline Moto ナビ デバイス
  6. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!