ライフスタイル

意識高い系大満足!ジム+ビジネスを叶えるバックパック『ARES』

ARES バックパック

健康志向の高まりから仕事前や仕事終わりにジムに通う人の姿が多く見られるようになりました。

ドラマなどを見ていても主人公が仕事終わりにジムへ行くシーンがあるなど、ビジネスマンが肉体のケアをすることはここ日本においても確実にステータスになりつつあります。

そんな意識高い系の人ならではの悩みと言いますか、ジム通いの日は荷物が多くてうんざりすることってありませんか?

ARES バックパック ジム

特に仕事着がスーツの場合はあまりアグレッシブなバッグやカジュアルなリュックは避けたいせいか、ビジネスバッグ+紙袋なんていう人も見かけます。

もしもそんな荷物の多さに悩まされているなら、新しいアイデアが詰まったバックパック『ARES』を使ってみませんか?

ARES』ならビジネスマンのジム通いを快適にサポートしてくれるはずです。

ビジネスもジムもこれ一つ

ARES バックパック

ARES』は7ヶ月という長期間に渡って試作を重ねることでようやく完成したビジネスシーンに馴染む機能性抜群のジム用バックパックです。

これまでのアグレッシブなデザインを一変し、休日はもちろんスーツにも似合うデザインを追求しました。

出社前や帰りにこのリュックひとつでジムに行けるので、これまでのようにジム用品で手が塞がることはもうありません。

ARES バックパック

勤め先のビルにたまたまジムも入っているという場合はロッカーの使用ができるので問題ありませんが、そんな恵まれた環境に勤めている人はごく一部と言っていいでしょう。

ほとんどの人たちは余分に重たい荷物を持つことに耐えながらも、自分のために己の肉体のケアをしているのではないでしょうか。

ARES』を使用することで時間と体力をもっと有効活用することができるでしょう。

『ARES』のここがスゴイ

ARES バックパック

リュックですので物が入らなければ意味ありませんが、細身な見た目からは考えられない30Lの大容量です。
ビジネス用品とジム用品を分けて収納できる優れた5つのコンパートメントで高い快適性と機能性を備えました。

よく考えられているのは、ジムに通えば当然汗をかきますが、たっぷり汗を吸った使用済みのウェアなどをしまえる密閉式のコンパートメントが備え付けられていることです。
これにより出社前にジム通いをする人や、ジム帰りの電車の中などでもニオイを気にする必要がありません

ARES バックパック

また『ARES』は防水仕様ですので突然の雨でも安心ですし、大切な書類や電子機器をしっかりと保護してくれます。

ストラップにもポケットがついているので、ICカードや会員証、鍵などを入れておけばとても便利です。

ARES バックパック

ビジネスオンリーとしても高機能

ARES』は一般的に販売されているビジネス用バックパックと比較しても全く劣らないどころかむしろ優れているかもしれません。

スリムなのに考え抜かれた設計はオフィス必需品を全て収納できるだけでなく、その全てにアクセスしやすいデザインになっています。

ペンケースなど余分なものを持たなくていいように必要十分な本数のペンホルダーの標準装備など、荷物を減らすための工夫が随所に見受けられます。

ARES バックパック

ビジネスリュックに欠かせないPC収納コンパートメント最大15インチのMacbook Proなどが収納できます。

コンパートメント内は起毛素材が使用されており、保護のためにパットも入っていますので安心して持ち運ぶことができるでしょう。
また盗難防止機能としてメカニカルリリースファスナーが採用されています。

ARES バックパック

出張の強い味方として

ARES』はジム用品のスペースをそのまま私服や着替えと置き換えるだけで出張時の強い味方になります。

本体サイズは33×19×49cmなので機内に持ち込むこともできますし、これまで着替えと分けて出張に行っていた人にとっては心強いパートナーになってくれるかもしれません。

ARES バックパック

そんな『ARES』は¥16,800から申込み受付中で、カラーはグレーとブラックの2色展開となっています。

シューズまで入れられる高機能バックパックは探してもそうあるものではないので、ジム通いする人だけでなくフットサルなどのスポーツをする人にもおすすめです。

参照元: GREENFUNDING

人をダメにするクッション リラックス
  1. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  2. Beeline Moto ナビ デバイス
  3. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  4. Feel Three トップ画像
  5. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
  6. mile1 サコッシュ 自転車 男性待ち合わせ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!