ライフスタイル

旨味と栄養を逃がさずふっくらごはんが炊ける!無水調理もできるすごい土鍋『BEST POT』

BEST POT 土鍋

食事のたびに素材本来の美味しさが味わえたらどんなに素晴らしいか考えたことはありますか?
素材の味を楽しめるということは調味料も少なくて済みますし、もちろん塩分を取りすぎることもありません。

その結果生活習慣病の予防にもなりますし、なにより美味しいという大きなメリットがありますね。

BEST POT 土鍋

今回ご紹介する『BEST POT』は、土鍋でありながら鉄の力を利用することで無水調理ができてしまいます。
無水調理ができるということは、旨みも栄養も逃さず食材本来の味を存分に堪能できる料理が作れてしまうということです。

同じ食材でも調理の仕方でこんなに違ってくるものかと嬉しい驚きをこの土鍋を使ってぜひ体験してみてください。

BEST POT 土鍋

特産品である萬古焼×鉄の鋳物=BEST POT

素材の異なるこの2つが組み合わさるとは誰が想像できたでしょう。

BEST POT』は鍋全体に熱がまんべんなく伝わるように特徴的な羽釜形状に加えて、鍋の中で熱がしっかり対流するように二層構造にアレンジしています。

二層構造は陶器として前例がなく難しい挑戦でしたが、試作に試作を重ねついには完成させてしまうあたりが日本のモノづくりは本当に改めてスゴイなと思わせてくれます。

BEST POT 土鍋

その結果芯まで熱がしっかりと伝わり食材がふっくらジューシな仕上がりに。
BEST POT』でご飯を炊けば、お米が持つ甘さと香りを最大限に引き出してくれるでしょう。

土鍋で炊いたというだけでもご飯はとても美味しいですが、『BEST POT』で炊けばさらに美味しいご飯が味わえそうです。

BEST POT 土鍋

なぜ萬古焼なのか

BEST POT』にメインとなる萬古焼(ばんこやき)の土鍋は、加熱中の温度上昇が緩やかな上に遠赤外線放射率が高いことで知られています。
じっくりと熱をかけられることと遠赤外線で芯まで加熱できることがふっくらと仕上がる秘密というわけですね。

さらに熱を蓄えられるので、余熱調理もできてしまうといった特徴があります。

BEST POT 土鍋

また『BEST POT』には萬古焼がもつ優れた特性をさらに引き出すための仕掛けが施されています。
それは内側を見ていただければ分かりますが、阿蘇山の火山灰を混ぜこんだ釉薬(うわぐすり)を使うことで遠赤外線を高いレベルで安定して放射できるようにしました。

これによりムラなくいつでも美味しく調理できるようになっているのです。

BEST POT 土鍋

蓋が鉄の理由

冒頭で述べたとおり『BEST POT』は無水調理ができる土鍋ですが、無水調理ができるということは鍋自体の気密性が高いことを意味します。
たとえ鍋の口ぴったりのサイズで蓋を制作したとしても、ある程度の重さがない限り圧力に押されて蒸気が逃げてしまうということはお分かりいただけるでしょうか。

そこで生産者が得意とする「」を採用することで、十分な重量と鍋にピッタリとあった隙間のない蓋が実現したのです。

BEST POT 土鍋

ちなみにお鍋にそこまでの精度が必要なのかと思ってしまいますが、なんとその切削技術の精度は誤差1/1000mm以内だそうです。

細かすぎて大変ですがこれにより食材が持つ水分だけで調理することができるので旨みも栄養も逃しません。

BEST POT 土鍋

美味しい食事は毎日を生きるエネルギーに

素材の味を楽しめるようになるということはワンランク上の人生につながります。

ジャンクフードに囲まれた生活を送ってきた人にとって慣れるまではなかなか大変かもしれませんが、一度舌が慣れてしまえばもう二度と元の生活に戻ることはできないでしょう。

BEST POT 土鍋

BEST POT』には16cm20cmのサイズ展開がありますので、普段の食事量や料理内容に合わせて選ぶといいでしょう。
たとえ単身であっても毎日美味しいご飯をいっぱい食べたいなら20cmの方がいいかもしれませんね。

本体価格は16cm¥15,120~となっており、すでに続々と申込があるようですので気になった方は早めのお申込みをオススメ致します。

BEST POT 土鍋

参照元: Makuake

  1. HEXAR
  2. Adin振動スピーカー
  3. bCoreレーサー
  4. クラウドファンディング
  5. Mezmoglobe
  6. HeatsinkCase
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!