ライフスタイル

移動中もぐっすり!長旅に必須の『Travel Pillow』

TravelPillow 枕 トラベルピロー

飛行機や新幹線、バスでの長時間の移動は身体が固まってツライですよね。
特に海外線や夜行バスなど日付を跨ぐような長い移動の際は、ネックピローのようなアイテムは必須とといえるでしょう。

しかしそれでも首が痛くなってしまい、目的地に着いた時には全身バッキバキになってしまったなんて経験ありませんか?

TravelPillow 枕 トラベルピロー

そんなつらい移動中の仮眠も、POCKINDOの『Travel Pillow』があれば快適な睡眠に早変わり。
自分だけのポジションを見つけて、心ゆくまでぐっすり睡眠を貪りましょう。

TravelPillow 枕 トラベルピロー

枕は頭を支えるだけが能じゃない。新発想の『Travel Pillow』

Travel Pillow』は大げさな見た目にも分かるとおり枕そのものを前傾にし、頭部と上半身を支えるデザインになっています。
着目したのは眠りにつくときの姿勢で、腕が疲れず快適に眠ることができるように設計されました。

たとえどんな座席であっても使用できるデザイン設計なので、飛行機だけでなくバスや新幹線、車での仮眠時にも有効に利用することができるでしょう。

TravelPillow 枕 トラベルピロー

最近になって深夜の時間を有効活用できるということで夜行バスが再び注目されていますが、通常の4列シートでは次の日に響いてしまってパフォーマンスの低下を招いてしまいます。

そこで高級な2列シートタイプのバスや完全個室型のバスが運行するようになりましたが、これらの路線が通ってない地域では結局4列シートを利用する他ありません。
いいところで3列シートですが、この『Travel Pillow』があれば今までのように憂鬱な移動時間を送らなくてよくなりそうですね。

TravelPillow バスの座席

抱え込んで眠れる充実感で睡眠不足をすっきり解消

移動中に使用するだけではもったいないので日頃のお昼寝などにも使いたい『Travel Pillow』ですが、魅力はやはり呼吸しやすいデザイン腕への圧迫感をなくした設計でしょう。

仮眠でよくある「うつぶせ寝」ですが、おでこは赤くなるし腕はしびれるしで熟睡できてもその後の移動が非常に恥ずかしいといった大きな問題がありました。
その点『Travel Pillow』なら2秒でふくらませて抱え込むように使用するのでどこにも無理な力がかかりませんし、しまう時はこれまた2秒で簡単な上にどこもしびれることがありません。

TravelPillow 枕 トラベルピロー

ビジネスマンのために接骨療法医内科医が開発したというだけあって、その機能性はなかなかの優れものです。

ただ一点気をつけなければならないのが、顔をすぽっとはめて寝るタイプなので口元がゆるい方はよだれ対策必須と言えます。
あらかじめタオルを腕にかけておくなど工夫して使用するようにしましょう。

TravelPillow 枕 トラベルピロー

持ち運びはコンパクトに。機内持ち込みOKサイズ

使い終わったらしっかり空気を抜いて専用ポーチにしまいましょう。

収納後のサイズは18×13cmととてもコンパクトなので、機内に持ち込めるサイズのバッグにも余裕で入ります。
持ち込んでしまえばこっちのものなので、機内では堂々と空気を入れて思いっきり睡眠を貪りましょう。

TravelPillow 枕 トラベルピロー

使用されている素材は安心感のある手触り重視のものが使用されていますが、機能性にも優れた抗菌仕様です。
この素材は手洗いできるので、皮脂や食事などで汚れてしまっても衛生的に使用することができるでしょう。

TravelPillow 枕 トラベルピロー

ウェルカム長旅。

なぜ今までこのタイプの枕がなかったのか不思議でなりませんが、『Travel Pillow』さえあればもう身体がバッキバキになることはありません。
しっかり睡眠をとることで前日の疲れを残さず、朝からスッキリ頑張れそうな気がします。

Travel Pillow』は本体価格¥4,980とお手頃ですので日頃仕事で移動が多いという人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
移動先でも朝からしっかりとパフォーマンスを発揮できるのであれば、約¥5,000の投資はとても魅力的ですね。

参照元: DISCOVER

GEKKO BOARD トップ画像
  1. 金箔チタン二重タンブラー トップ画像
  2. パズル,玩具,おもちゃ
  3. 副業,複業,転職
  4. ビジネスバッグ,ノマドワーカー,副業
  5. フードトラック,ランチ,出店
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!