ヘルスケア

これぞ現代の耳栓!スライド操作で環境音を調節する『dBud』

dBud 耳栓 男性

WHO(世界保険機構)は2015年に世界中の10億人若者が聴力損失の危機にさらされていると警笛を鳴らしました。

理由はイヤホンやヘッドホンを用いた音楽鑑賞やスポーツ観戦、コンサートなどの娯楽イベントが深く関わっているといいます。

dBud 耳栓2

私達は85dB以上の音を1時間以上、100dB以上の音を15分以上連続で聴くのは危険とされていますが、これらの数値は以外にも簡単に越えられてしまうものです。
日頃イヤホンをつけて大音量で聴いている人や、車の中で外に音が漏れるほど大音量で聴いている人は難聴になるリスクがかなり高いと言えるかもしれません。

今は良くても老後全く耳が聞こえないなんてことになりかねませんので、『dBud』のような進化した耳栓でもっと耳を労わってみてはいかがでしょうか?

dBud 耳栓8

取り込む音を2段階で選べる耳栓

スウェーデン発のイヤープラグ『dBud』は、日常生活用に設計された環境音を抑えたい人のためのアイテムです。
イヤホンと同じように装着することで様々な場面で耳を守りながら生活の質を向上、これまで煩わしく感じていた周囲の環境音体験を大幅に改善します。

またこのイヤープラグはアナログな構造でありながら、周囲の環境音だけを低減させ声やアナウンスといった必要な音はしっかりと聞くことができるのが特徴です。
会話などは耳栓をしていない時とほぼ同様に行えますので、日常生活を送る上で困るようなことはまずありません。

取り込む音の調節はスライドさせるだけのアナログ設計ですので、アプリやソフトといったデジタル操作が必要ないのも嬉しいですね。

dBud 耳栓3

dBud』の特徴

このイヤープラグはスマホとのペアリングも必要なければ、電源やバッテリーといったデジタル要素が一切ありません。
すでに記載した通り取り込む音の調節はスライド式ですし、余計な機能は付いていないので使い方がとてもシンプルです。

オープン状態であれば-15dB、クローズ状態であれば-30dBと環境に適したサウンドレベルに設定が可能。

さらにイヤープラグ本体はたったの6gと超軽量設計で、耳が塞がれている感がない快適設計でフィット感も抜群です。
たとえ激しく動いたとしてもポロッと落ちてしまうようなことはないでしょう。

dBud 耳栓3

マグネット内蔵/専用ケース付き

イヤープラグ本体にはマグネットが内蔵されており、プラグ同士をくっつけておけば紛失のリスクを減らすことができます。

首に掛けられるようにケーブルが付属するので、使わない時は首からかけてプラグ同士をつけておけば外れてしまう心配もありません。

dBud 耳栓4

専用のキャリングケースはミニマルなデザインでコンパクトですので、ポケットにいれていつでもどこにでも持ち歩くことが可能です。

柔らかいゴム素材なのでぶつかっても痛くありませんし、重量も13gしかありませんので本体を入れても約20g以下と持ってることを忘れてしまうかもしれません。

dBud 耳栓5

INDIEGOGOで大成功のプロジェクト

イヤープラグ『dBud』はすでにクラウドファンディングのINDIEGOGOで大成功を収めており、今では多くの愛用者が存在しています。

2種類3サイズのイヤーチップも付いているので、老若男女問わず快適なフィット感を見つけてください。

dBud 耳栓6

dBud』の本体価格は¥7,184でイヤープラグとして考えればかなり高価ですが、その実力は構造を見ても一目瞭然です。
これだけ小さな本体にこれだけのパーツが入っていますので、装着した日からあなたの生活環境をガラッと変えてくれることでしょう。

出荷は2018年11月予定とのことで到着までにはまだしばらく掛かりそうですが、これから先もずっと聴力を維持したのであれば一度立ち止まってじっくり検討してみるのもいいのではないでしょうか?

dBud 耳栓7参照元: Makuake

Feel Three トップ画像
  1. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
  2. mile1 サコッシュ 自転車 男性待ち合わせ
  3. PAPERANG-P2 トップ画像
  4. ハンモック 女の子
  5. スピーカーを持つ男性
  6. SPOZ プレイ画像
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!