ヘルスケア

繰り返し使えて折り畳める!ミラノ発の高性能マスク『ACTIVE MASK』

ACTIVE MASK トップ画像

秋という季節はとても短いもので、気づいた頃には木々の葉はすっかり落ちて厳しい冬がやってきます。
乾燥が気になるこれからの季節は、風邪だけでなくインフルエンザなど毎年大流行する病気への対策をしっかり行いましょう。

うがい手洗いは基本として、小まめな手指消毒や防寒、そして外出する時には喉を乾燥から守るためマスクを着用するようにしましょう。
マスクはできれば箱に大量に入って販売されている簡易的なものではなく、顔にしっかりフィットするデザインのものが望ましいですね。

ACTIVE MASK マスクをする女性

最近ではフィギュアスケートの羽生選手が愛用しているジャパンメイドのマスクが話題となり、様々なメーカーから後を追うように高性能マスクがリリースされました。
今回ご紹介する『ACTIVE MASK』は数あるマスクの中でも特にデザインにこだわっており、実用性との両立を実現した数少ないマスクです。

日常シーンではもちろんスポーツなどのアクティブシーンでも着用できるデザインとなっていますので、今年の冬は『ACTIVE MASK』を着けてカッコよく快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

ACTIVE MASK 着用イメージ

ミラノ発のオシャレな高性能マスク

ACTIVE MASK』はイタリアのミラノでライフスタイルグッズを企画・生産しているBANALE.がリリースする高性能マスクです。
日本では衛生的な”白”のイメージが強いマスクですが、同ブランドは常に携帯できるファッションアイテムとしてマスクを捉えています。

ACTIVE MASK BANALE.メンバー

とはいえマスクですから有害物質から守るフィルターとしての機能は当然備えており、花粉は99%カット、PM10も約80%の割合でカットします。
伸縮性に優れているのでフィット感は抜群ですし、およそ30回まで洗って繰り返し使用できるのでとてもエコな仕上がりといえるでしょう。

ACTIVE MASK マスクをしている女性

収納ポシェット付きだから携帯できる!

このマスクの凄い所は機能性やオシャレなデザインだけではありません。
マスク右側に設けられた小顔効果のある黒いバンドは伸縮性の高い収納ポーチになっており、マスクをコンパクトに折りたたんで収納することが可能です。

ACTIVE MASK 製品ディテール

マスクを携帯するときに気になるのがマスクのシワや内側の汚れですが、ポーチに収納してしまえばそれらの悩みは全て解決です。
ポケットやバッグにそのまま入れても汚れやホコリがマスクの内側に付着しません。

ACTIVE MASK 畳み方

ACTIVE MASK』の洗い方

洗って繰り返し使える『ACTIVE MASK』ですが、洗い方にはいくつかの注意点があります。
洗うときはできる限り手洗いで、ゴシゴシこすったりせず優しく手もみで洗いましょう。

ACTIVE MASK 洗い方

洗濯機を使用する場合は30°前後のお湯やお水を使用すること、それから洗濯ネットに入れることを忘れないでください。
洗い終わった後の脱水や乾燥は避けて、洗濯機から取り出したら軽く手で絞って干すようにしましょう。

伸縮性に優れているといっても無理な洗い方をすれば伸びてしまいますし、最悪使えなくなってしまうかもしれません。
捨てるその時まで大切に扱ってオシャレに過ごしましょう。

ACTIVE MASK 着用している男性

3カラーからスタイルに合わせて選べる

ACTIVE MASK』のカラーはブラック・ブルー・グリーンの3色で、サイズは伸縮性に優れているためフリーサイズとなっています。
子供から大人まで着用できますので、親子で購入してお揃いでお出かけするのもいいかもしれません。

ACTIVE MASK カラーリング

ACTIVE MASK』の本体価格は1枚¥2,390から、お得な3カラーセット¥6,139プランや5枚セットの¥9,680プランも選択できます。
繰り返し使えると言っても洗濯30回が限界ですので、ワンシーズン使い通したいなら3枚くらいあるとよさそうですね。

ACTIVE MASK 親子で着用

参照元:GREEN FUNDING

Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  1. Pillow Blanket
  2. 空気清浄機 比較 おすすめ
  3. JW Weekender トップ画像
  4. ダンボール宝箱組み立てキット トップ画像
  5. ハサミ 比較 トップ画像
  6. ホステル
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!