ヘルスケア

【製品レビュー】携帯性抜群のUSB温熱アイマスク『Flexwarmヒーティングアイマスク』

Flexwarmヒーティングアイマスク

長時間の移動やオフィスでのお昼寝に欠かせないアイテムといえばアイマスクですが、以前Hacktsuでご紹介した『Flexwarmヒーティングアイマスク』の記事はもうご覧になりましたか?
もしもまだ読んでいないという人は、ぜひこちら↓の記事を読んでみてください。

電気の力でポッカポカ!どこでも使えるUSB温熱アイマスク『Flexwarmヒーティングアイマスク』

筆者自身よく夜行バスを利用する(月3往復くらい)ので、「USB温熱アイマスクなんて最高だなー!」と思っていたらなんとサンプルをお借りすることができました!
しかし残念ながら貸出期間中に出張の予定がなかったため夜行バスでの使用はできませんでしたが、その分自宅でじっくり試用しましたのでつけ心地や温かさなど詳細にレビューしていきます。

もしも支援するかどうしようか迷っているなら、この記事を読んで少しでも参考になれば幸いです。

Flexwarmヒーティングアイマスク

USB給電式の折りたためる温熱アイマスク

Flexwarmヒーティングアイマスク』は、USB給電に対応したFlexwarmテクノロジー搭載の最先端アイマスクです。
本体内部に温熱極薄フィルムを内蔵しており、均一かつ正確な温度に設定できるので疲れた目元を効率的に温めることができます。

Flexwarm

スイッチを1.5秒長押しで電源オン。LEDがく点灯すると42℃まで上昇し、8分後にはLEDがに変わって温度は38℃へ下降します。
合計20分が経過すると自動で電源が切れるタイマー機能を備えていますが、途中で一度電源を切ってしまうとタイマーも同時にリセットされてしまうので気をつけましょう。

オートタイマー機能

本体の素材にはシルクのような手触りの生地が採用されており、バンドも伸縮性のあるものが使われているので着用時のストレスはほぼありません。
折りたたんで携帯ポーチに入れれば普段の持ち運びだけでなく旅行や出張にも最適。今ならMakuake限定価格¥5,926で入手が可能です。

折りたたんで収納

製品サンプルをお借りしました!

今回は特別にプロダクターの株式会社シー・シー・ピーさんから製品サンプルをお借りすることができましたので、隅々までチェックして詳細なレビューをお届けします。

まずはサンプルと製品の変更点ですが、今回お預かりしたサンプルは38℃のLEDが緑ではなく青になっていることと、ケーブルの長さが製品では80cmですがサンプルは65cmのものが使用されているようです。

製品サンプル1

製品サンプル2

使用感や温かさについては同じということですので、以上のことを踏まえつつ早速モバイルバッテリーを使用して電源を入れてみます。
まず気をつけなければならないのがスイッチを1.5秒長押しする必要があり、ポチッと押しただけでは電源が入りません。

赤色LEDが点灯

電源が入るとスイッチ部分のLEDが点灯しますので、着用前に電源が入ったかどうか確認してから使用することをおすすめします。
このままの状態で8分経過すれば自動で38℃に変化しますが、途中でスイッチを押すことで38℃に切り替えることもできるようです。

赤色LED

青色LED

サンプルでは青ですが、製品では緑に変更されています。

もちろん20分のタイマー機能は有効ですが、ここで誤って一度電源を切ってしまうとリセットされてしまいますので気をつけましょう。
実際に着用してみましたが、スイッチをオンにしてものの数秒で温まってきます。

ツルツルの素材

これには結構驚かされましたが本当にあっという間に暖まるので、着用してからのロスというのはほぼ考えなくて良さそうです。
そして肝心の顔や頭に当たる部分の素材感ですが、まるで本物のシルクみたいで肌触りは抜群でした。

肌触り抜群

画像だけでは伝わらないのが残念ですが、もしかすると一般的なアイマスクよりストレスなく着用できるかもしれません。
当然ケーブルが気になるなんていう事もなく、ポケットにモバイルバッテリーを入れておけば本当にどこでも快適にお昼寝ができるのではないでしょうか。

収納しやすく耐久性も問題なし

今回お借りしたサンプルは担当者の方から「結構ボロボロですが・・・」という前置きがありまして、どうやら想定外の使用にも耐えられるか様々な方法でチェックしてみたようです。
このことからも通常使用ではまず問題ないと考えられますが、万が一不良があった場合でも製品到着後6ヶ月間は保証期間なので安心して使用できますね。

折りたたんだ所

それから今回はポーチも付属していなかったので折りたたみ時は輪ゴムで固定していますが、大体モバイルバッテリーと同程度のサイズにまで折りたたむことができました。
もちろん厚みはややありますが、これくらいならバッグの片隅に入れておいても邪魔になることはないでしょう。

モバイルバッテリーと同程度のサイズ
ということで今回は、『Flexwarmヒーティングアイマスク』の製品レビューをご紹介してきましたが参考になりましたでしょうか。
使い捨ての温熱アイマスクを使用するよりは使い勝手やコスト面でも断然おすすめですので、まだ迷っている人は思い切って支援することをおすすめします。

モバイルバッテリーがあればどこでも大丈夫

参照元:Makuake

【製品レビュー】話題のランニングパック『FITLY』を実際に使ってみた!

合わせて読みたい記事

  1. Flexwarm 電気の力でポッカポカ!どこでも使えるUSB温熱アイマスク『Fle…
Hi9
  1. SIRUIポケットスタビライザー
  2. Retroduck Q
  3. Walker
  4. イオニアカード
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!