ホビー

美しすぎるデザインに驚愕!組み立てるだけじゃなく本当に動くメカニカルモデル『Time 4 Machine』

Time 4 Machine メカニカルモデル

「何かを組み立てるのは嫌いじゃない」という男性は少なくなく、幼い頃からプラモデルを作るのが好きだったりメカいじりが好きだったりする人が多いのではないでしょうか。

もしもこの記事を読んているあなたがモノづくりに心を動かされる人であるならば、これからご紹介する製品は中々の衝撃を与えることになるかもしれません。

百聞は一見にしかずということで、まずは画像を見ていただきたいと思います。

Time 4 Machine メカニカルモデル

どうでしょう、細部まで作り込まれたディティールとメタルパーツのみの使用でとても美しいと思いませんか?

このメカニカルモデルの商品名は『Time 4 Machine(タイムフォーマシーン)』といって、普通のプラモデルに飽きてしまったという人にオススメの「大人のための組み立てキット」です。

Time 4 Machine メカニカルモデル

自分で組み立てて楽しめる

一般的なプラモデルや模型も組み立てたあとは動かしたりポーズを決めたりして遊ぶことができましたが、ここまでギミック的なものは滅多にないのではないでしょうか。

Time 4 Machine』はメタルパーツの美しさもさることながら、実際に動いている様子はエロスさえ感じるほどの仕上がりとなっています。

作ってる最中が楽しいのはもちろんのこと、ふとした時に触っても楽しめるなんとも贅沢ではありませんか。

Time 4 Machine メカニカルモデル

ギア1個に至るまで驚くほど精巧に作り込まれており、それがまた一つ一つ動くのだからメカ好きにはたまりませんよね。

メタルパーツ使用ということでどことなくブリキのオブジェを連想させますが、実際に組み立てることができるのは『Time 4 Machine』の大きな魅力のひとつではないでしょうか。

Time 4 Machine メカニカルモデル

サスペンションやギアまでついてる

ここまで男心をくすぐる製品に出会ったのは久しぶりです。

ゼンマイバネを使用しているので自走するのはもちろんのことサスペンションまでついています。
押せばスプリングの感触を確認することができますし、機能的なステアリング機構まで搭載しています。

ステアリングを左右に回せば前輪が連動して動くので、スペースさえ確保できればオートパイロットモードで美しい車体をくるくる走らせることが可能です。

Time 4 Machine メカニカルモデル

またこのサイズで実際に作動するアクティブトランスミッションをキャビンに搭載しており、前進とバックはもちろんニュートラルや一次・二次ギアの切り替えが可能です。

これもまたたまらないポイントのひとつなのですが、シフトが実際の車と同じ位置にあるのには驚かされました。

指が太い人は切り替えしにくいかもしれせんが、このこだわりっぷりにはただただ感心させられます。

Time 4 Machine メカニカルモデル

パーツ総数205個と多めなので組み立てを存分に楽しめる

細かいギミックが各所に搭載されていることもあり、パーツ数は多めですがプラモデル好きにとってはプラスポイントでしかありませんよね。

各モデルには説明書のような詳細な指示が描かれたものが付属しているようですので、組み立てで困ることはないでしょう。

一つ一つの部品を磨きながら組み上げるのもまた違った楽しみ方ができそうです。

Time 4 Machine メカニカルモデル

モデルサイズは214 x 72 x 51 mmとなっており、一般的な車のプラモデルの1/12よりややコンパクトなサイズ感です。

価格は¥9,790とこれだけの構造でありながらリーズナブルな設定ですので、もしもシリーズ化されたならコツコツ集めていくのもいいかもしれません。

作ってよし、遊んでよし、飾ってよしと従来のプラモデルとはまた違った雰囲気を味わえますので、ギフトとしての利用もおすすめです。

もらった側からすればかなりのインパクトですので、ここぞという時に利用してみてはいかがでしょうか。

参照元: rakunew

ジムバック 通勤バック
  1. スニーカー 国産 スピングルムーブ パナレーサー
  2. HERO トップ画像
  3. OSCILL フィジェットツール
  4. メディシンボールを持った女性
  5. ORVIBO ホームセキュリティ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!