ホビー

絵の具セットが不要になる?!欲しい色がすぐできるペイントミキシングデバイス『Picolor』

Picolor ペイントミキシングデバイス

趣味で水彩画などを描く人にとって必須のアイテムと言えば絵の具セットですよね。

例え絵を描かない人であっても小中学校で絵の具セットを使用した記憶があるのではないでしょうか。

小学校の図工の時間に一生懸命に絵を描いて、見たままの色が作りたくてあれこれ混ぜて毎回やたら汚い茶色が出来上がったのはいい思い出です。

Picolor ペイントミキシングデバイス

今でこそ三原色や色相環といった知識がありますが、当時はそんな知識などあるはずがなく色を上手に作ることができませんでした。

今回ご紹介する『Picolor』というデバイスは、そんな色作りを便利にしてくれるペイントミキシングデバイスです。

使用するのに難しい色の知識は必要ありませんし、操作はスマホをワンタッチするだけでいいのでクリエイティブにカラーを作りたい人は必見です。

Picolor ペイントミキシングデバイス

かつてないアートテクノロジーガジェット

これまで自分で色を作成していてイマイチしっくりこないということが多かったなら、今度からは『Picolor』を使ってみましょう。

Picolor』の内部にはシアンマゼンタイエローブラックホワイトといった5色の顔料がセットされており、このデバイス1台で100万色以上を作り出せる優れものです。

もちろんカラーの作成に余計な手間と時間はかかりませんし、今まで調色に余計な時間がかかっていたという人にはもってこいのデバイスではないでしょうか。

Picolor ペイントミキシングデバイス

絵を描いていれば色を作る行為というのは必ず必要になりますが、『Picolor』があれば強力にサポートしてくれます。

その時の感覚で微妙なニュアンスを出したいときなどには使えないかもしれませんが、クリエイティブにカラーを楽しみたいなら持っていて損はありません。

Picolor ペイントミキシングデバイス

アプリで選んでタップするだけ

Picolor』の特徴はなんと言ってもその使いやすさで、専用アプリを通してスマホとBluetooth接続してカラーを選ぶだけで自動作成してくれます。

出来上がったカラーはボトルやパレットに移せばそのまま塗ることもできますし、何かと混ぜて使用することもできます。

専用アプリは無料でインストールできて直感的にカラーが選べるようになっていますので、操作で迷うといったことはないでしょう。

Picolor ペイントミキシングデバイス

このアプリの優れているところは「もっと暗い印象の色にしたい」、「もうちょっと生き生きとした感じの色がいいな」などそういった感覚で色選びができるところです。

画面一面に表示されたカラーは画面下段のスライドバーで明暗を変更できますので、イメージをそのまま視覚的に確認できるのはこの上ない便利な機能ではないでしょうか。

欲しい色が簡単に探せますし、作った色は記録しておくこともできますので再び必要になったとき微妙に色が違うといった事態も防ぐことができます。

Picolor ペイントミキシングデバイス

絵を描くだけが用途じゃない

Picolor』があれば自宅のリペア塗装車のキズ隠し用に調色することだって出来てしまいます。

スマホと比較してより近い色、もしくは同じ色を選ぶだけでいいので専門的な知識を必要とせず色の作成ができるでしょう。

他にもコスメジェルネイルなどいろんなカラーを集めるには時間と費用がかかりますが、『Picolor』があれば時間もお金もかけずその時の気分にあわせて欲しいカラーがすぐに手に入ります。

Picolor ペイントミキシングデバイス

小さなお子様がいる家庭では自宅で絵の練習をする時にもぴったりですし、小さい内からたくさんの色に触れることはセンスを磨くことにも繋がります。

また万年筆のインクとしても使用できますので、高価なボトルを買い揃える必要もなくなるでしょう。(コレクションしている場合は除きます。)

Picolor』の本体価格は¥24,290となっており、カラーはホワイトブラックの2色です。

現在の趣味の時間を今後さらに充実させたいのなら、本製品を使用してみてはいかがでしょうか。

参照元: rakunew

DIY
  1. 高級ノート
  2. クイジナート バキュームシーラー
  3. スマホ用三脚
  4. 残業証拠レコーダー01
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!