ホビー

素晴らしきポータブル性!折りたたみできちゃうウクレレ『Astro』

Astro ウクレレ1

ギターなどの弦楽器が演奏できる人って素敵ですよね。
筆者はドラムを叩くことならできますが、ギターやベースなどの弦楽器はからっきしできません。

どんなに練習すれどもF以前にGが押さえられないという奇跡の指先でして、学生時代に同級生の家に一週間泊まり込みで教わったのにも関わらず弾けたのはブルーハーツ「青空」のイントロのみという無残な結果に。
そんな私が久々に欲しいと思える弦楽器を見つけましたのでご紹介させていただきます。

Astro ウクレレ2

ギターがそのまま小さくなったような形で弦が4本のウクレレという楽器をご存知でしょうか?

演奏できる人の中には工夫が必要な分ギターより断然面白いと豪語する人もいるぐらいで、制限が多くそのままでは演奏できる曲がかなり限られるのだとか。
そんなウクレレにまさかの折りたたみ機能を搭載し、どこにでも持ち運ぶことが可能になった『Astro』が登場しました。

コンパクトなのに更に折り畳める

Astro』はバックパックやジャケットにもスッポリ入ってしまう折りたたみ機能が付いたかつてないウクレレです。

本製品があればちょっとした空き時間を利用して、大好きな楽器を何処にいてもプレイすることができます。

ボディ両側には2つのウイングが収納されており、簡単に開閉できるので好みやシーンに合わせて快適なパフォーマンスを提供してくれるでしょう。

移動時はもちろん閉じた状態で持ち運ぶことになりますが、ボディと一体化してバンパーの役割も果たしてくれますので安心してバッグに入れておけます。

Astro ウクレレ3

2種のタイプ

Astro』にはアコースティックバーションのAタイプとエレクトリックバージョンのEタイプがあります。


Astro A

防音材でできたアコースティックホール用のカバーセットが付属しており、35~50dBの範囲で音量調節が可能です。

35dBはかなり静かではありますが、演奏するのであれば周囲の迷惑にならない場所に移動しましょう。

Astro ウクレレa


Astro E

構造など基本的な部分は同じですが、サドルピエゾピックアップを搭載しています。
外観を変えること無く効率的に音を拾ってくれるので、あらゆる場所で演奏を楽しむことができるでしょう。

また本体にはアンプが内蔵されていますので、イヤホンやヘッドホンを直接つなぐことが可能です。

Astro ウクレレe

デスクにおけるサイズが魅力

ボディとネックはそれぞれ別のパーツで構成されており、折り畳んだ状態であれば専用のスタンドを使用してデスクの上に飾っておくことも可能です。
広げたサイズの状態では54.7×15.6cmですが、折りたためば28.9×10×58cmまで小さくなりますのでデスクの引き出しにだって収納することができるでしょう。

いつでも手が届く所に『Astro』を置いておけばストレス発散にもなりますし、リラックス効果まで得られるのでもしかしたら仕事の作業効率も上がるかも知れません。

Astro ウクレレ5

ウクレレとは思えないデザイン性

Astro』はそのデザイン性の高さからパッと見ではおそらくウクレレと気付く人はそう多くはないでしょう。
サイズや弦の本数でピンと来る人はいるでしょうが、多くの人はポータブル性の高い練習用のギターと思うはずです。

この一般的なウクレレにはない格好良さで『Astro』を選ぶという人もきっといるのではないでしょうか。

本体価格は¥41,790となっており、普通のウクレレであればある程度いいモデルが購入できる金額です。
同価格で中級以上のウクレレを買うか、それともポータブル性に優れた『Astro』を買うか、これはしばらく頭を悩ませる必要がありそうです。

Astro ウクレレ7

参照元: rakunew

Maker Knife カッターナイフ1
  1. teacha
  2. 骨伝導サングラス 比較1
  3. セイコークロック/PYXIS-RAIDEN-NR532W
  4. アイマスク
  5. TKG似合う米 比較01
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!