ペット

手間と負担が激減!ペットのシャンプーが楽になるドライハウス『duit』

duitドライハウス トップ画像

猫や犬を飼っている人にとって、悩みの一つがシャンプー後のドライです。
犬はサロンに預けてしまうという人が増えましたが、猫は毛をカットする必要がないので自宅でシャンプーをしている人が多いのではないでしょうか。

また猫は水が苦手な子が多く、シャンプー中も大変なのにさらにドライまでとなるとお互いにクタクタになってしまいますよね。

duitドライハウス ドライが大変

そんな手間とストレスを軽減してくれる革新的なアイテムがついに登場しました。
シャンプーは頑張る必要がありますが、乾かすときは『duitドライハウス』に入ってくつろいでもらうだけでOKと超簡単。

しかも最短20分という短さでドライが可能になり、部屋中に抜けた毛が舞い上がることもありません。
普段はペットハウスとして使えますので、慣れさせておけばペットたちのドライ中のストレスを限りなく取り除くことができるでしょう。

duitドライハウス 54dBを実現

くつろいでいる間にドライ完了

duitドライハウス』はペットハウス+ドライヤーという新発想のアイテムで、ペットの毛を安全かつスピーディーに乾かすことができます。
シャンプーが終わったら身体をさっと拭いてあげて、あとはハウスに入れてくつろいでもらうだけでOK。

いつものように逃げ回られることもなく、ドライヤーの音や熱、電気代を気にする必要もありません。

duitドライハウス レビュー

duitドライハウス』の騒音はわずか54dB、これは図書館で本のページをめくったときと同じくらい静かな音です。
自然風/低音風/高温風の3つから状況に合わせて選べるので、ペット達に余計な負担をかけることなくしっかりとドライすることができるでしょう。

duitドライハウス 使用イメージ

スクロール空気循環構造

それではどうしてこんなによく乾くのに低騒音なのか、『duitドライハウス』専用ドライヤーの構造を見ていきましょう。
まず風を作り出すファンにはシロッコファンを採用、これにより空気清浄機などと同じスクロール空気循環構造となっています。

duitドライハウス スクロール空気循環構造

この構造にヒーターをプラスすることで温風が出せるようになり、かつてないほど静かなドライヤーとして機能しているのです。
低騒音かつ風量の多いスクロール空気循環構造はコスト高ではありますが、大切なペットにとっての快適性を考えるなら最善の選択と言えるでしょう。

duitドライハウス 掃除が簡単

ドライヤーの音は恐怖でしかない

猫や犬の聴力というのは人間より大幅に優れていますが、具体的にどれくらい聞こえているのかご存知ですか?
諸説ありますが犬はおよそ4倍、猫ともなれば犬の2倍近い聴力を備えています。

つまり私達人間でさえうるさく感じるドライヤーの音が、4倍にも5倍にもなって聞こえるわけですから逃げたくなるのも当然ですよね。

duitドライハウス 聴覚あらの刺激に大きな恐怖心を覚える
結果としてペットそれぞれが学習する恐怖体験として結びついてしまうので、中にはドライヤーを見るだけで逃げ回る子達まで出てきてしまうというわけです。

しかしどんなにドライヤーを怖がろうとしっかり乾かさないと皮膚病などのリスクが上がることも確か、なのでペットに使用するドライヤーは『duitドライハウス』のような低騒音のものを選ぶようにしましょう。

遊んでいる間にドライ完了

duitドライハウス』に入っている間は上のファスナーをちょっと開けて撫でてあげたり、横のファスナーを開けてブラッシングしてあげましょう。
飼っているのが猫であれば開けなくても指でちょろちょろやるだけで遊び始めますので、10分や20分ならあっという間に過ぎてしまうのではないでしょうか。

途中途中でブラッシングしてあげると毛の束がほぐれてさらに乾燥時間を減らすことができますのでぜひお試しください。
これだけ便利な『duitドライハウス』は¥29,400からとかなりリーズナブル、出荷は2019年1月を予定しているとのことです。

duitドライハウス 一緒に楽しく

参照元:Makuake

アプリ,デート,ディナー
  1. 時計 時差 タイムゾーン
  2. カードゲーム
  3. CoolSolo トップ画像
  4. 時計,レトロ,ヴィンテージ
  5. FPS,TPS,アプリ
  6. パンフォーユー 美味しい冷凍パン
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!