セキュリティ

セキュリティ強化の決定版!機能満載のスマートロック『KeyWe』

知人の自宅のドアの鍵がディンプルキーで、スペアをつくるのに1万円以上かかってビックリしたという話を聞きました。
鍵自体の交換は10年以上前に済ませていたようなのですが、今回同居人が増えるということで始めてスペアキーを作成したのだそうです。

すでに済んでしまったことなので何も言わずに大人しく聞いていましたが、もしもこれから一万円以上もかけてスペアキーを作ろうとしている人がいるなら一旦ストップしましょう。

それだけのお金をかけるならいっそ鍵本体をスマートロックと取り替えてみてはいかがでしょうか。
もしも工事せずに交換出来るのであればラッキーですし、交換後はこれまでが馬鹿らしく思えるほどの快適性を手に入れることができるかもしれませんよ?

NFCに対応したスマートロック

では具体的にどのスマートロックがオススメなのかと言えば、今では多くの種類が出てきているので悩んでしまいますが今回は『KeyWe』というスマートロックをご紹介します。

冒頭のディンプルキーとどちらが安全なのかと聞かれればその他の要因も関係してくるので断言はできませんが、利便性で言えば圧倒的にスマートロックです。

KeyWe スマートロック2

この『KeyWe』は従来通りのフィジカルキーの他にスマートオープン機能ナンバーロック、さらにはNFCにまで対応していてとにかく解錠が楽に行えます。

付属のカードキーを使用することもできますし、知人などが訪ねてくる場合にはゲストキーワンタイムキーの発行も可能です。

アプリだけでロックの設定が可能

スマートロックの利便性のひとつに設定が全て専用アプリから行えることにあります。
最大のメリットはスマホを持っているだけで解錠ができてしまうことですが、設定が簡単でセキュリティの強化にも繋がるというのも負けず劣らずの魅力ではないでしょうか?

ここで設定が簡単と聞いてまたもやセキュリティ面が不安になる人が出てくると思いますが、『KeyWe』は不正解錠を検知するとアプリのログインをブロックして自動でデータの全削除が行われます。

また日常のアプリとドアロック間の接続においても128ビットAES暗号化を使用、ハードとアプリの接続であっても常に更新を繰り返し最新の状態で強固なセキュリティを維持します。

KeyWe スマートロック4

取り付け工事の有無

スマートロックの取り付けで重要なのが既存の鍵を再利用できるかどうかということですが、ドアノブとキーシリンダーが一体型でなければ簡単に交換できる可能性が高そうです。

逆に一体型、もしくはあまりありませんがシリンダーの位置がドアノブより下にある場合はあらためてドアに穴を開ける必要があるためなかなか大掛かりな作業になるかもしれません。
マンションなどでは別付けのタイプがほとんどなので問題ありませんが、一軒家は一体型が多いため購入前にちゃんと確認するようにしましょう。

万が一、一体型だったとしても上手く穴さえ開けられれば取り付けできますので、工務店に見積もりをお願いしてみるのもいいかもしれません。

バッテリー切れにご用心

スマートロック全般に言えることですが、スマホに来た通知をスルーしているとある日突然ロック本体のバッテリー切れという最悪の事態に遭遇します。
フィジカルキーの設定がないスマートロックの場合はそうなった時点で破壊するしか解錠する手段がなくなりますのでくれぐれも注意しましょう。

今回ご紹介した『KeyWe』は送料手数料など全て含めて¥25,190となっていますが、もしかするともう少しすればAmazonでの一般販売も始まるかもしれません。

価格はどうなるか分かりませんが、恐らく安くなることはありませんのでタイミングさえ良ければこの機会にスマートロックを導入してみてはいかがでしょうか。

KeyWe スマートロック6

参照元: rakunew

Kozmophone スピーカー1
  1. V-WHITE+ 電動歯ブラシ1
  2. Voxos 骨伝導サングラス1
  3. スキレット 比較01
  4. ロック押すだけ PCセキュリティ1
  5. sound oasis ホワイトノイズ0
  6. snaq.me お菓子宅配1
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!