ステーショナリー

【大人デザイン】ソリッド&スクエアなフォルムのお道具箱『KADO』

KADO ステーショナリーセット

突然ですが皆さんは、大人になった今”こだわりのステーショナリー“を何か一つでも持っていますか?
代表的なものではシステム手帳やペンケース、万年筆やボールペンなどがありますね。
それではここでちょっと思い出してみてほしいことがあります。

子供の頃は使っていたのに大人になったらすっかり使わなくなった文房具があるのですが、それって何だと思いますか?

シャープナーと鉛筆

そうです、タイトルを見ればもうおわかりかもしれませんが、私達が大人になってすっかり使わなくなった文房具は”お道具箱”です。
使わなくなったというよりは、使える機会がなくなったという方が正しいかもしれませんね。

実はそんな懐かしい”お道具箱”に大人心くすぐるデザインが魅力的な『KADO』という製品が登場しました。
ソリッド&スクエアなフォルムはとても現代的で、さらに今だけ同柄のステーショナリーセットまでついてきます。
このエッジの聞いた”お道具箱”に、あなたならどんなステーショナリーを収納しますか?

KADOセット一式

自由に使える大人BOX

私達大人なら誰もが懐かしく感じるであろうお道具箱を、あらためて大人向けに制作されたのが『KADO』です。
このお道具箱最大の特徴は直線を活かしたデザインで、大人が扱うことを想定しているからこそ一切の丸みが排除されています。

KADO エッジの効いたデザイン

ここまでエッジを効かせられたのは特殊Vカット技術のおかげであり、もともとこの技術は経木フレームのお弁当に使われていたものだとか。
デザインの美しさで知られるiPhoneの箱も実は『KADO』と同じこのVカットを元に作られているそうなので、このお道具箱がいかに美しい仕上がりかというの想像に易いですね。

KADO Vカット

美しすぎるステーショナリーの数々

今回はお道具箱だけでなく中に収納しておける同柄のステーショナリーセットもついてきます。
どれも使ってしまうにはもったいないほどの仕上がりですが、ステーショナリーというのは使い倒してこその価値があるというもの。

KADO セット内容1

KADO カラーバリエーション2

内容はA5サイズのノートレターヘッドブリーフケース封筒が5枚封筒シールとなっており、柄は『KADO』に合わせた2種類がラインアップされています。
そしてA5ノートとレターヘッドの本文用紙には英国トップブランド”conqueror“が採用されており、その上質で滑らかな書き味にペンを持った手が喜ぶことは間違いないでしょう。

KADO A5ノート本文

書道をしている人には意外と身近

実は書をたしなむ人にとってはお道具箱というのは特別懐かしいものではなく、現役バリバリで使用するアイテムの一つだったりします。
というのも筆や硯、下敷きや墨を収納するのに”筆箱“を使用するのですが、これが一般的なペンケースのようなものではなくお道具箱とほぼ同じように使用されるわけですね。

デザインは書道のアイテムということで雅なものや和を意識したものが多いですが、シンプルなデザインのものはまさにお道具箱そのものといった様相です。
筆者が使っている筆箱も黒と茶色のシンプルなデザインなので、知人が訪ねてきたときなどは「懐かしい!」といって開けてキョトンとされる事が多々あります。

KADO 硯と筆

書く時間を大切にしよう

パソコンやスマートフォンで簡単に用件を伝えられてしまう現代だからこそ、”書くという動作をもっと大切に考えてみてはいかがでしょうか。

最後に手紙というものを書いたのははたしていつだったか、そしてそれはどんな内容だったのかはっきりと覚えていますか?
仕事の合間合間でも書くという動作は発生しますが、それはメモだったり訂正だったりと感情が伴わない“ばかりのはず。

KADO 男性が書く

大人のためのお道具箱『KADO』とステーショナリーセットを使用することで、一週間のうちのほんの僅かな時間でいいので書を通してもっと自分と向き合う時間を創出してみてはいかがでしょうか。
KADO』1セットの価格は¥2,100から、お届けは2018年12月を予定しているとのことです。

KADO ディスプレイ例
参照元:Makuake

GEKKO BOARD トップ画像
  1. 金箔チタン二重タンブラー トップ画像
  2. パズル,玩具,おもちゃ
  3. 副業,複業,転職
  4. ビジネスバッグ,ノマドワーカー,副業
  5. フードトラック,ランチ,出店
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!