雑貨

裏側がメインになるかも?!レトロゲームで遊べるスマホケース『Gameケース』

昭和後半に生まれた人にとって最もメジャーなポータブルゲーム機と言えばニテンテンドーのゲームボーイではないでしょうか?

平成に入ってからはポケットモデルが出たりカラーが出たりしましたが、1989年に発売開始されて以来ポータブルゲーム機では唯一、累計販売台数が一億台を突破しました。

そんな大人気のゲームボーイをインスパイアしたスマホケースがついにMakuakeで登場しましたので詳しくご紹介していきます!

スマホ ゲームケース3

Gameケース』という名前のスマホケースなのですが、裏面がゲームボーイ風の仕上がりになっていて戦車ゲームやブロックゲームなどのレトロゲームをいつでも楽しむことができます。

「アプリでやればいいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、十字キーとABボタンの感触が大切なのは言うまでもありませんね。

こんなケースつけちゃったらスマホメインじゃなくてケースメインで持ち運ぶようになっちゃうのではないかと一人勝手に心配しております。

スマホ ゲームケース2

懐かしの”あの”ゲームで遊ぼう!

Gameケース』は実際にレトロゲームで遊べるスマートフォン用ケースで、対応しているのはiPhone6以降のモデルとなります。
残念ながらAndroidには非対応となっていますので、「このケース気に入った!」というAndroidユーザーにとってはちょっと悲しいかもしれませんね。

収録されているゲームは全部で26種類となっており、電源にはボタン電池を使用します。
どれも一度はプレイしたことがあるであろう大人気のゲームばかりですので、筆者のようなゲームボーイ世代であればかなり夢中になれるのではないでしょうか。

ゲームボーイ世代ならずともシンプルなゲームはちょっとしたスキマ時間にぴったりですので、年齢を問わず楽しむことができるでしょう。

スマホ ゲームケース4

収録されているゲームは全部で26種類

子供時代を思い出させてくれる『Gameケース』ですが、プレイできるのはシューティング(インベーダー)ゲームを始めとした26種類となっています。

一例をあげますとテトリスのようなブロックゲームやレーシングゲーム、パズルゲームやブロックゲームなどやり込みから暇つぶしに最適なものまでラインアップされています。

これまで暇つぶしにアプリを開いていたという人も、このケースがあればひっくり返してすぐにゲームすることができますね。

スマホ ゲームケース5

ケースとしてもオシャレ!

ゲームボーイ風デザインで非公認ではあるものの、ケースとしてはなかなかユニークなデザインに仕上がっているのではないでしょうか?

さらに実際にプレイできるとなれば話題性もありますし、もしも使っている人を見かけたらかなり気になりますよね。
ただし両面にディスプレイを搭載することになりますので、取扱いにはこれまでより気を使うことが増えるかもしれません。

バンパーとしての機能は問題なさそうですが、置く時などはいつもより気持ち丁寧に置く必要がありそうです。
もちろん液晶が割れてしまっても修理などはできませんので、その時はケースの買い替えをオススメします。

スマホ ゲームケース6

選べる2カラー

Gameケース』はベーシックなホワイトとカラーモデルのブラックから選ぶことができます。

個人的には使用していたポケットカラーのイエローが欲しいところですが、この2色ならやはりホワイトの方を選びたいところです。

スマホ ゲームケース7

本体価格は¥3,009となっていましたが、あまりの人気ぶりにすでにSOLDOUTとなってしまいました。
お得な2個セットの¥5,587もすでにSOLDOUTとなっており、欲しい人は一般販売が始まるまで待つ必要がありそうです。

定価は¥4,298の予定ですので、やや高くなりますがこのケースがどうしても欲しいという人は発売を待ってみてはいかがでしょうか。

スマホ ゲームケース8

参照元: Makuake

ジムバック 通勤バック
  1. スニーカー 国産 スピングルムーブ パナレーサー
  2. HERO トップ画像
  3. OSCILL フィジェットツール
  4. メディシンボールを持った女性
  5. ORVIBO ホームセキュリティ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!