雑貨

ハンドスピナーがついに飛んじゃった!究極の暇つぶし『Fidgettz F1』

Fidgettz F1 ハンドスピナー

2017年に大ブームとなったハンドスピナーですが、今では100円ショップでも見かけるようになりだいぶ身近なものとなりましたね。

数千円もするものと100円のものではさすがに性能が違いますが、ちゃんとしたハンドスピナーだと回している時のかすかな振動がとてもクセになります。
のちに400万円もする純金製のハンドスピナーまで登場し、日本で最も有名なYoutuberのヒカキンさんが購入したことでこちらも話題となりました。

そんなまだまだ人気のハンドスピナーですが、これまでのようにただ回転するだけでなくついに空を飛ぶモデルが登場しました。

いつもみたいに回してただ眺めているのもいいですが、『Fidgettz F1』なら一人でも投げてブーメランのようにして遊ぶことができます。
もちろん回転性能も抜群ですので、そろそろ普通のものに飽きてきたなと思った人はぜひ手にとってみてください。

キャッチボールならぬキャッチスピナー?

Fidgettz F1』は3つのプロペラがついてまるでドローンのようなデザインのハンドスピナーです。
電子制御によりプロペラを回転させることで、その場でホバリングするなどして空中を飛ばすことが可能です。

MicroUSBを使って充電が可能で一度のフル充電で16分間待機、背面には+-ボタンがあるのでプロペラのスピード調整もできます。

本体は軽さを追求したためABS樹脂でできており比較的柔らかく、小さなお子さまでも安心して遊ぶことができるでしょう。
ブーメランのようにしたり誰かと投げ合ってみたりとこれまで以上に楽しみ方が広がりそうです。

Fidgettz F1 ハンドスピナー

4つのフライモードを搭載

正確には4つのテクニックと言った方がいいかもしれませんが、手に持った水平状態で回転が安定すればそのまま手を離すとホバリングさせることができます。
また上30°の角度で投げるとブーメラン効果により自分の手元に返ってくるのでいちいち拾いにいく必要はありません。部屋で一人の時はこのブーメランモードが活躍してくれるでしょう。

LEDが光らなくなるまでボタン2を押して電源を入れると低高度モードとなり、水平に保った状態でリフトを最小に調節すれば低空飛行が可能です。

そして最後は15°下向きの状態で回転させればダイブモード、ゆっくりとした低高度飛行を見せてくれます。

Fidgettz F1 ハンドスピナー 男性

サイズ感は?

手が小さい人はなかなか上手く回せないかもしれませんが、男性であればまず問題なく回すことができるでしょう。
プロペラがある分厚みもありますので、もしかすると小学校くらいの子供では回せないかもしれません。

オレンジ・ホワイト・ブラックの3色展開で好みのカラーをチョイスできますが、どうせなら目立って失くさないようにオレンジを選んでみてはいかがでしょうか。

Fidgettz F1 ハンドスピナーを回す男性

最強の暇つぶしを体感せよ

ただでさえフィジットアイテムとして優秀なハンドスピナーですが、空まで飛んでしまうとあっては時間さえあれば一日中でもトライしてしまいそうな気がします。
Fidgettz F1』の本体価格は¥3,990、ハンドスピナーとしては決して安くはありませんが高いかと言われればそういうこともなくどちらかといえば良心的な価格かもしれません。

上手に飛ばせるまで少し練習が必要になりますが、電子制御なので慣れるまで時間はかからないでしょう。
バッテリーがなくなるとプロペラが回転しなくなるのでそれこそただのハンドスピナーになってしまいます。

一度に遊べる時間はけっして長くありませんが、「飛ばす」という行為が体験できるのはおそらく『Fidgettz F1』だけではないでしょうか。

※ 価格は2018年9月21日現在のものです。
Fidgettz F1 ハンドスピナー 男性
参照元: rakunew


立ち止まる瞬間を大切に。癒やしツール『Thinking Egg』

リラックス効果が半端じゃない!手持ち無沙汰解消デバイス『STICS』

これは仕事どころじゃない!超高速で回転するデスクトップトイ『Halospheres』

 

WICKED BONE
  1. PRESSo カードケース
  2. Sablier
  3. bimoz
  4. AERO トップ画像
  5. PITTA ドローン
  6. ONO RULLER
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!