雑貨

ワイヤレスチャージ対応!カードサイズのフラッシュライト『Glowstone』

Glowstone

日常のちょっとした時や緊急時など、一つは用意しておきたいポータブルライト。
最近ではモバイルバッテリーに搭載されていたりして大分身近なものになりましたが、いざというときに故障したりして使えないのでは意味がありません。

また、使いやすさでいえば一般的なスティックタイプのライトが良さそうな気もしますが、これははっきり言って携帯性があまりよくないといったデメリットがあります。

フラッシュライト

ではどんなライトが正解なのかというと、防水仕様でポケットに入るカードサイズの『Glowstone』がおすすめ。
このライトならどんな状況にも対応できるだけでなく、さまざまな使い方が可能です。

もしもまだスマートフォンの懐中電灯に頼っているなら、この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。

Glowstone

カードサイズのタフなライト

Glowstone』は最大輝度900ルーメンワイヤレスチャージに対応した超タフなフラッシュライトです。
8つのモード搭載で用途が広く、シリコンケースを使用したボディは壁に思い切り投げつけても割れることはありません。

タフなライト

また、充電ポートをなくしたことで完全防水を実現、パンツのポケットに入れたまま洗濯してしまっても壊れることがなく、水深30mまで対応
熱や衝撃、ガスに対しても耐性があり、ベルトにクリップしたり三脚につけるなど常にあなたの手元を明るく照らしてくれるでしょう。

シンプルデザイン

8つのモードを使い分け

Glowstone』にはさまざまなシーンを想定した以下の8モードを搭載、中央のボタン一つで簡単に切り替えできます。

  • ノーマルモード(90ルーメン)
  • ブライトモード(300ルーメン)
  • ブーストモード(900ルーメン)
  • 4LEDモード(29ルーメン)
  • キャンドルモード(1LED/7ルーメン)
  • フラッシュモード(バイク用)
  • SOSモード
  • ストロボモード

一度の充電で最長32時間(キャンドルモード)、最短2時間40分(ブーストモード)の使用が可能で、充電はワイヤレスチャージャーに置くだけ。
また、マウントアクセサリーが多数付属してくるので、使用環境にあわせてさまざまなアイテムと組み合わせて使用することが出来ます。

最大900ルーメン

豊富なアクセサリ

付属のベルトクリップヘッドストラップを使えばハンズフリーで手元を明るく照らせるので、夜間や暗所での作業もはかどります。
トライポッドにセットすれば照らしたい場所をピンポイントで照射、車のエンジンルームや下回りなど昼間でもよく見えない場所に最適です。

トライポッド

アームストラップを使えばランニングやウォーキングにも使えますし、レッドフィルターを使えば自転車のテールランプに早変わり。
GoProアタッチメントカメラスクリューマウントも付属しているので、撮影用ライトとして使用してもいいかもしれませんね。

ベルトクリップ

フラッシュライトは明るいだけではダメ

これまでの懐中電灯は周囲を照らせること、そして緊急時の使用を想定して充電式バッテリーではなく乾電池を使用したものがほとんどでした。
しかし最近になってライトの汎用性は高まり、日常のいたるところで気軽に使われるツールとなっています。

自転車にもおすすめ

コンパクトで軽いことはとても大切ですが、どんなシーンにも対応できるタフさがこれからの時代は求められるのではないでしょうか。
汎用性を極めたカードサイズのフラッシュライト『Glowstone』は¥18,490となっており、本体2個に加えて豊富なアクセサリが付属します。

メカニックやビルダー、DIYを楽しむ人にとってこれ以上ない仕様のライトとなっていますので、“使えるライト”をお探しなら『Glowstone』をゲットしましょう。

作業に最適

参照元:rakunew.com

合わせて読みたい:

カバンの中専用!?便利過ぎるLEDライト『SOI.+』


HJLFA LEDハンディライト

関連商品|HJLFA LEDハンディライト ¥1,699

※掲載価格は2019年2月4日時点のものです。

Plano
  1. 刺激枕
  2. bisecu
  3. reflexbox
  4. cafflano
  5. Mu6
  6. Teamgee H8
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!