雑貨

用途が広すぎて逆に困る!自由自在に成形可能な接着剤『Sugru』

一昨日のことですが、お風呂での出来事です。
壁にあるタオルかけからタオルをシュッと引き抜いたら、なんとタオルかけまでくっついて来てしまいました。
びっくりして見てみると、根元の樹脂部分が劣化でぽっきり折れてました。

浴室

アロンアルファにはじまり家にあった接着剤ではどれもくっつかず、ホームセンターに行ってシリコーンやら強力接着剤やら買っていましたが無駄足に終わりました。
これならはじめからタオルハンガーごと付け替えたほうが早かったかなーと思った矢先、便利なものを見つけてしまいました。

159 か国100万人近い人々が使用する万能接着剤『Sugru』が凄そうです。

Sugru 接着剤

世界初の”シリコンに変化する接着剤”

Sugru』は誰でも簡単に修理したり、成形したりできるように作られています。
パッケージから取り出すことで空気に反応し、30分ほどで固まり始めますがそれまでならどんな形にすることも可能です。

Sugru 接着剤

24時間の放置でシリコンラバーへと変化し、安定使用可能温度は-50~180度と通常使用ではまったく問題ない耐熱性を備えています。
ほとんどの場所に接着することができるので、機械から台所用品、玩具や靴にいたるまでありとあらゆるものに接着、成形することができます。

本体は5g×8pc入って¥2,415(税込)Amazonまたは海外の通販サイトで購入が可能です。

Sugru 接着剤

優れた弾力性に防水性

Sugru』の特筆すべきは固まった後もシリコンラバーとして優れた弾力性を保つことです。
通常の接着剤は固まってしまいますが、『Sugru』はグニグニ曲げても外れる心配がありません。

スニーカーや長靴などラバー部分の破れから浸水する事がありますが、『Sugru』を使えば完璧に修理することができます。

また防水性もありますので、洗濯機などのプラスチック部分が割れてしまった場合や、長年の使用で劣化したコーキングの隙間の修理にも利用可能です。

Sugru 接着剤

忘れているかもしれませんが『Sugru』が優れているのは弾力性と防水性だけではありません。
耐熱性も備えている『Sugru』はお鍋の取っ手やフライパンなどにつければ、いちいち面倒くさい鍋つかみも必要なくなります。

用途がとにかく広い

シリコンラバーの弾力を生かして被覆の破れたケーブルの修理や、グリップの補強や滑り止めなどが一番多い利用方法かもしれません。

ほかにも小さくてつまみにくいファスナーのチャームを作成したり、スマホのバンパーとして4隅にくっつけてみたり、取っ手が壊れた引き出しに取っ手をつけることもできちゃいます。

さらに接着剤であるにもかかわらずカラーバリエーションが豊富でシーン別やそのときの気分によっても用途を広げてくれる理由のひとつですね。

Sugru 接着剤

また防振にも役立つようですので、自転車やバイクなどにカメラを設置する際の緩衝材として使用するのもいいかもしれません。

意外な使い道としては、LEGOと組み合わせることでスタンドになったりホルダーになったり文房具につかえたりと発想が広がって面白いです。

磁石と組み合わせもなかなか面白いようで、組み合わせによっては『Sugru』の可能性は無限大です。

思うがままに作ればいい!

Sugru』のいいところは接着剤の用途に限らず使えることです。
ただの粘土として考えれば何かのホルダーを作ったり、スタンドやフック、フィギュアだって作れてしまいます。

Sugru 接着剤

成形時間に限りがあるのでそこまで凝ったものは作れないでしょうが、各部の補強や角を丸めたりするのにも役立ちそうですね。
万能接着剤『Sugru』で、まだ買い換えるにはちょっと・・・という家電なんかを直してみてはいかがでしょうか。

参照元: Sugru 公式サイト

  1. HEXAR
  2. Adin振動スピーカー
  3. bCoreレーサー
  4. クラウドファンディング
  5. Mezmoglobe
  6. HeatsinkCase
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!