雑貨

目が離せない!3D錯視を利用した美しきフィジェットトイ『Mezmoglobe』

Mezmoglobe

ハンドスピナーの大流行からはや数年、街で見かける機会が大分減りましたが、”フィジェットトイ”というジャンルを世の中に知らしめたことは間違いありません。
ブームが落ち着いた今でも、形状や機能などさまざまなフィジェットトイが販売されています。

なかでもデザイン性の高いものはデスクトップオブジェとしても有能で、Hacktsuでもこれまでにいくつか取り上げて来ました。

精度がスゴすぎる!町工場が作るフィジェットツール第二弾『OSCILLO』

そして今回、クラウドファンディングサイトMakuakeでまたもや魅力的なフィジェットトイを発見。
Mezmoglobe』は球体に螺旋状の溝が掘られたユニークなデザインが特徴です。

米国クラウドファンディングで2万個以上の支援を集めた大注目のフィジェットトイが、満を持して日本に上陸します。

美しく回るフィジェットトイ

Mezmoglobe』は作業の合間や休憩中に、リラックスするキッカケを与えるために開発されたフィジェットトイです。
ハンドスピナーにハマった方なら回転系トイの魅力は言わずもがなですが、本製品はデスクに置いたままでも使用することができます。

螺旋のダンス

球体状の本体には螺旋状の溝が掘られており、軽く回転させることで螺旋が流れるように動いて見える”3D錯視”が出現します。
本体下部に内蔵された高精度ステンレスベアリングにより音もなく滑らかに回転、あなたを未知の世界へと誘ってくれるでしょう。

錯視の世界を楽しもう

美しく流れる螺旋のダンスが楽しめる『Mezmoglobe』。
回転させることでまるで螺旋が流れているように見えるという目の錯覚を利用したフィジェットトイですが、眺めているとまるで吸い込まれるように目が離せなくなってしまいます。

3D錯視

滑らかな球体のため360°どの角度から見ても美しく、デスクに一つ置いておくだけで集中力とストレスのコントロールをサポートしてくれるでしょう。
PC作業中に思うように集中できない、そんなときはマウスから手を話して、『Mezmoglobe』をそっと回してみることをおすすめします。

Mezmoglobe』の特徴

メイン素材に航空宇宙産業グレードの高品質アルミニウムを使用している『Mezmoglobe』は、職人により一つ一つ削り出されています。
本体の直径は54mm、重さは160gとなっており、高精度な研磨による表面処理は傷がつきにくく指紋もつきません。

本体裏側

底面には取外し可能なステンレスベアリングを内蔵、表面にはブラックレザーを貼ることでデスクを傷つけず、滑り止めの役割も担っています。
錆びにくく高品質なので表面はメンテナンスフリーですし、色違いで置けばデスク周りを上質な空間にすることも可能です。

カラーはダークブロンズ・チタン・シルバー・コッパー・ゴールドの全5色となっています。

全5色

専用保護ケース付きで持ち運び簡単

Mezmoglobe』には専用の保護ケースが付属。表面の傷を気にすることなくどこにでも持ち運ぶことができます。
また、メンテナンスに必要なネジも一緒に収納しておくことができるので、万が一動きが悪くなってもその場でメンテナンスできるのは嬉しいですね。

保護ケース

Makuakeのプロジェクトは7月30日まで公開しており、現在の価格は1個5,805円~となっています。
お得にGETできる2個セットや3個セットのプランもありますので、同僚や友人同士でのまとめ買いを検討するのもよさそうです。

リターンの発送は11月頃とまだ少し先ですが、快適なデスクワーク環境に整えたいなら『Mezmoglobe』を置いてみてはいかがでしょうか。

Mezmoglobe

参照元:makuake.com

これはクセになる!手のひらで操るフィジェットツール『ONO ROLLER』


Olycism キューブハンドスピナー

関連製品│Olycism キューブハンドスピナー ¥1,400

※掲載価格は2019年7月7日時点のものです。

Serafim R1+
  1. 9月クラウドファンディング
  2. Mokibo
  3. EZCastGameHub
  4. Lecronos
  5. Opera9完全ワイヤレスイヤホン
  6. ワイヤレスキーボード
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!