サービス

快眠がすぐそこに!『枕のレンタルサービス』で気軽に枕選び

枕のレンタルサービス ベッド

每日の睡眠をもっと快適に、そうは思っていてもなかなか思うように行かないのが寝具選びですよね。

布団やマットレス、枕にシーツと種類が多くて選び始めればどの組み合わせがいいのやら分からなくなってしまいます。
マットレスなどはショールームで実際に横になって簡単に体験することができますが、そうはいかないのが枕選びではないでしょうか。

枕のレンタルサービス ベッド

店頭においてある枕に顔をつけるのはなんだかちょっと抵抗がありますし、触っただけで選ぶしかないので買ってみたもののものすごい肩が凝ったなんていう話も聞きます。

そうした失敗をせずに気軽に枕選びをできるのが今回ご紹介する『枕のレンタルサービス』。
これまでパソコンのみの対応だったのが、この度スマートフォン対応になって使いやすくなりました。

自宅の布団でゆっくり試せる

枕のレンタルサービス ベッド

寝具選びはやっぱりこうでないといけませんよね。

千葉県のまくら株式会社が提供する『枕のレンタルサービス』は最大3つまでの枕を最長20泊21日じっくりお試しできるサービスです。
有名ブランドの枕からテレビ通販でお馴染みのものまで揃っていますので、これまで気になっていた枕を気軽にお試しできるようになりました。

枕のレンタルサービス ベッド

枕は每日使うものですので、多少高くても快適に寝られるのであればそのほうがいいと考える人は少なくないはず。
しかし失敗したときの事を考えると枕に1万円も払うのはなかなか踏み切れないのがこれまででした。

枕のレンタルサービス』を利用すればそういったこともなく失敗しても負担が少なくて済みますし、一度に3つまでレンタルできるので全部ダメということは避けられるかもしれません。

50種類以上から枕選び

枕のレンタルサービス

いつもの眠り慣れた環境で自分の好みとじっくり相談しながら決めることができるので、究極の枕選び体験と言っても過言ではないかもしれません。
スマートフォンに対応したことでより選びやすく、パソコンをもっていない人でも気軽に枕をレンタルできるようになりました。

用意されている枕は驚きの50種類以上で、これだけの種類があれば自分に合う枕が見つからないわけがありませんね。

枕のレンタルサービス

高いお金を払って失敗することがないことや、見に行ける範囲で取り扱いのないブランドの枕などが試せるのも本サービスの魅力のひとつです。

ただし人気の枕はレンタル中で最長1ヶ月待ちといったこともありますので、他の枕を探してもいいですし気長に待てる人は予約注文しておくといいでしょう。
発送は注文した数が全てそろってからとなりますのでその点は注意が必要です。

枕のレンタルサービス 〇 ×

選びやすいから迷わない

何のデータもなしに50種類選ぶのは大変ですが、スマートフォン対応と同時に新機能搭載で枕選びがグッと簡単になりました。
異なる6つの選び方」機能で一番気になる項目からアプローチできるので、項目によっては50個から一気に2個ほどまで絞れるものもあります。

実際に注文してみると分かりますが自分が求めるものと実際の枕のイメージが異なる場合が多く、1つの項目だけでなく2個3個と繰り返し検索してみると理想の枕を見つけやすいです。

枕のレンタルサービス

枕のレンタルサービス』はレンタル料の¥1,080の他に、返送料が必要となります。
例を挙げますとヤマト運輸を利用した場合、本州内であれば¥1,080+最大¥2,252(山口県など)がレンタルに必要な金額となりますので、大体1個あたり¥1,000ちょっとでレンタルできる計算になります。

こう考えるとなんとなく高い気もしてきますが、それでも失敗するよりは断然良いということで継続して人気を集めているようです。

運命の枕と出会えるかも?

21日も使用できるので毎月レンタルサービスを利用するというのも面白いかもしれませんね。
あらかじめ1個だけは快適で安定の枕を選んでおいて、2個はチャレンジしてみるといった利用の仕方がおすすめです。

万が一2個ことも合わなくても快適な睡眠は損なわれないので、寝不足や肩こりに悩まされる心配もありません。

枕のレンタルサービス 快眠 女性

そうして巡り会えた枕を実際に購入すればこの先もずっと快適な睡眠を貪るようにとることができますし、ちょっと違ってきたなと感じたらまた枕選びをすればいいのです。

枕のレンタルサービス』を利用して1日でも早く快適な枕を見つけてください。

参照元: 枕のレンタルサービス(公式サイト)

人をダメにするクッション リラックス
  1. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  2. Beeline Moto ナビ デバイス
  3. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  4. Feel Three トップ画像
  5. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
  6. mile1 サコッシュ 自転車 男性待ち合わせ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!