アプリ

海外旅行の必須アプリ!外国語がわからなくても平気なナビゲーション『PinnAR』

世界地図 カメラ コンパス 旅行

今は便利なアプリがたくさんあるので海外旅行に行っても不便を感じることはだいぶ少なくなりましたね。

筆者が10代のころはまだスマホがなく、現地で「地図をください」と言ったら世界地図が出てきたことがあります。
「バックパッカーじゃないのに(白目)」としばらく呆然としていましたが、今となってはいい思い出です。

バックパッカー

しかしそこですんなり地図が買えたとしても、英語圏以外では文字が読めないといった新たな問題が発生することにお気付きでしょうか?
ドイツ語やロシア後のガイドを片手にどこに行けばいいのか分からず途方に暮れるなんて考えただけでも切ないですね。

そんな時にぜひ使ってほしいのが『PinnAR(ピナ-)』というアプリで、文字スキャン機能搭載により看板やパンフレットをスキャンすれば簡単に目的地を設定することが可能です。

地図を見るのが苦手な人でもAR機能で直感的に進む方角が分かるので、このアプリさえあれば初めての海外旅行でも迷うことはありません。

PinnAR ロゴ

直感的に誘導するARナビゲーションアプリ

PinnAR』はAR機能OCR文字スキャン機能を備えたアプリで4ヶ国語日本語・英語・繁体字・韓国語)に対応しています。
このアプリは文字が読めない場合でも撮影するだけで簡単に目的地の設定が可能、これまでのようにいちいちgoogleに打ち込んで翻訳する必要はありません。

さらにARナビゲーション機能を搭載しているので、カメラ画面上の矢印やアイコンを探して追跡するだけで目的地まで誘導してくれます。

便利な周辺スポット検索機能も搭載、駅やレストラン、コンビニなど最寄りの施設を効率的に探すことが可能です。

超便利な文字スキャン機能

OCR(Optical Character Recognition/Reade)は手書きや印刷された文字をスキャンして機械が読み取れるようにデジタルコードに変換する技術でその用途は多岐にわたります。

本アプリではOCRを利用して印刷物や看板、書いてもらったメモなどの文字をカメラで読み取り、そのまま場所や施設等の検索ができるよう設計されています。
言葉が分からない外国の地でよくあるのが「検索ボックスになんて入力したらいいか分からない」ですが、このアプリがあればそうした悩みとはおさらばすることができるでしょう。

さらに目的地名が読めないなんて時にもとても便利ですので、頻度に関わらず海外旅行に行く際はインストールしておくことをおすすめします。

PinnAR アプリ画面

モバイルバッテリーが必要かも

ナビゲーション中はAR機能を利用して冒険しているような気分で移動することができます。
カメラ画面には方角を教えてくれる矢印と、進路や目的地を示すピンのキャラクターが表示されます。

さらに目的地までの距離移動にかかる時間まで表示してくれますので、おおよそのスケジュールを立てながら目的地に向かうことができるでしょう。

ただしナビゲーション機能中はカメラを起動しっぱなしになるのでバッテリー消費量が増加することを忘れてはいけません。
ただでさえナビゲーションアプリというのはバッテリー消費が激しめの傾向にありますので、できるならモバイルバッテリーとの併用をおすすめします。

PinnAR アプリ画面

2020年の東京オリンピックで大活躍?!

今以上に多くの外国人観光客が来ることが予想される東京オリンピックですが、人数が増える分都心に住んでいる人は道やお店を聞かれる機会が増えるでしょう。
そんな時に拙い英語で一生懸命説明するよりも、その後のことまで考えれば『PinnAR』のダウンロードURLを教えてあげた方がいいかもしれません。

島国ということもあって日本は特に「日本語オンリー」の場所がまだ多く、初めて日本を訪れる外国人にとってはかなり難易度が高いようです。

自分が海外旅行に行った時には逆の立場になりますので、もしも困ってる外国人に話しかけられたら驚かずに笑顔で接するようにしましょう。

PinnAR ARナビゲーション Telecom Square,Inc.

PinnAR
ARナビゲーション
Telecom Square,Inc.

appstoregoogle-play
世界地図 旅行 地球儀

時計,レトロ,ヴィンテージ
  1. FPS,TPS,アプリ
  2. パンフォーユー 美味しい冷凍パン
  3. UN EVENs
  4. 石油ファンヒーター
  5. クリスマスの朝
  6. Omni Ultimate
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!