その他サービス

実質〇〇とかやめて!安さで選ぶオススメのプロバイダ5選

プロバイダ,光回線,おすすめ

「あー、まだ15日なのにもう制限かかっちゃったよー・・・」
こんな愚痴をこぼしている知人がいたのですが、どうやら彼は自宅に光回線を引いていないとのこと。

Youtubeやhuluなどの動画配信サービスを視聴するとあっという間にデータ量の上限を越えてしまって通信速度制限がかかります。
これを解除するためにはデータ量を追加でチャージするしかありません。

プロバイダ,光回線,おすすめ

「昔みたいに制限なんて気にしないで使いたい!」と切実に願う人もいるようですが、そうする為にはやはり光回線を自宅に引いてWi-Fi環境を整えるか、ポケットWi-Fiを持つのが正解です。
Wi-FiルーターやモバイルWi-Fiについては以前の記事で触れていますので、今回はメインとなるプロバイダーを徹底調査。安さで選ぶプロバイダー5社をご紹介していきます。

実質〇〇円がややこしい

プロバイダー選びで重要なのが各社が展開しているキャンペーンです。
内容も様々ですが適用条件も様々で、どこを選べばいいのか悩んでしまう一番の原因になっているのではないでしょうか。

そこで今回はお得なキャシュバックキャンペーンなどを一切考えず、シンプルに月額料金のみで比較してみました。
というのも確かに2万円3万円のキャッシュバックというのは魅力的ですが、一度にお金がまとめて戻ってきたところで月々の支払いが負担になってしまっては元も子もないと感じたからです。

プロバイダ,光回線,おすすめ

具体例で比較

極端な例を挙げますと、フレッツ光を取り扱う2年縛りの代理店A社とB社があったとしましょう。
A社は月額6,000円ですがお得なキャッシュバックキャンペーンを行っており、契約3ヶ月後には30,000円が振り込まれるというもの。

一方、B社は毎月の値引きサービスを取り入れており、キャッシュバックは行っていないものの24ヶ月間毎月1,000円が値引きになるとしましょう。

A社は6,000円×24ヶ月-30,000円=114,000円となり、これを再び24ヶ月で割るとすると4,750円となります。
一方、B社は毎月1,000円の値引きなので6,000円-1,000円×24ヶ月=120,000円、月々の料金は当然5,000円となります。

ここで終わればどう考えてもA社のほうがお得ですが、ちょっと待ってください。

プロバイダ,光回線,おすすめ

A社は月々の支払額は6,000円のままであって、合計金額で見れば確かに6,000円とお得ですが毎月の負担額はB社より1,000円大きいですよね?

つまりどういうことかと言いますと、「解約のリスクという観点から見たときに月額料金が安いほうが継続しやすいのではないかということです。
筆者的にはキャッシュバックキャンペーンというのは眼前に吊るされた人参であり、短い距離は走れても長距離を走るためには向いてないような気がしてならないのです。

プロバイダ,光回線,おすすめ

月額料金で選ぶ最安プロバイダ

スマート光

プロバイダ,光回線,おすすめ

シンプルに月額料金で選ぶのならおそらく最安はスマート光ではないでしょうか。
筆者も利用しているプロバイダですがシンプルな料金プランでわかりやすく、なんといっても月額4,300円(戸建) / 3,300円(マンション)というどちらも圧倒的な安さが魅力です。

ちなみに回線を引くための工事費はキャンペーンにより無料、事務手数料のみ3,000円がかかります。
安いからもしかしたらスタッフが塩対応だったりするのかというとそういったこともなく、実際にあれこれ聞いてみましたがかなり親身になって対応してくれました。

ただし、手厚いサポートがあるというわけではいので基礎程度の知識は必要になりますが、Webで調べる能力を持っているなら問題なく使用することができるでしょう。

参照元:スマート光


エキサイト光

プロバイダ,光回線,おすすめ

唯一スマート光のすぐ背中が見えていると言っても過言ではないのがエキサイト光で、肝心の料金は月額4,360円(戸建) / 3,360円(マンション)となっています。
最低利用期間なしというのがこれまた魅力的で、スマート光は2年縛りがありますがこちらはいつ解約しても違約金が発生しません。

月額料金では100円も変わらないので、2年以内で解約する可能性が少しでもあるならばエキサイト光にしておきましょう。
ちなみに、こちらは新しく回線を引く場合に工事費用が19,000円(戸建) / 16,000円(マンション)かかりますので、どちらかというとすでに回線は引いてあるお宅の転用向けという印象です。

参照元:エキサイト光


So-net光プラス

 

 

プロバイダ,光回線,おすすめ

36ヶ月縛りと通常の定期契約よりも長いですが、解約金が20,000円と契約途中で乗り換えることのないご家庭であればあまり気にする必要はないかもしれません。
月々の料金は月額3,980円(戸建) / 2,980円(マンション)となっており、しかもこの金額に工事費がすでに含まれていると言うから驚き。

現在のお使いのスマートフォンや携帯電話のキャリアがauならauスマートバリュー申込みで携帯料金が月々割引になります。

参照元:So-net光プラス


ぷらら光

プロバイダ,光回線,おすすめ

月額4,800円(戸建) / 3,600円(マンション)とまだまだ全然リーズナブルです。
工事費用は30回にわけて分割となっていますので、プロバイダ自体に縛りはないものの実際は30回縛りと同等と考えていいでしょう。

ちなみに途中で解約すると工事費用の残額は一括請求されますので、このあたりは仕方ないかもしれませんね。
ひかりTVが通常より1,600円もお得な900円で加入できますので、Amazonのプライム会員じゃなかったりhuluなどのサービスに登録していない場合には検討してみるといいでしょう。

参照元:ぷらら光


@nifty光

プロバイダ,光回線,おすすめ

3年縛りで問題ないのであれば月額5,200円→4,510円(戸建) / 3,980円→3,490円(マンション)となかなかリーズナブル。
なぜ二段階なのかというと32ヶ月から37ヶ月だけぐっと料金が下がる仕組みになっており、この条件であればはっきり言って他の4つでもいいかなという感じは否めません。

こちらもauスマートバリューの対象で、最大3ヶ月無料の「@niftyまかせて365」や「@nifty優待サービス」といったサポートが充実してるのが特徴です。

参照元:@nifty光

月額4000円/3000円代で選ぼう

おすすめの激安プロバイダをピックアップしてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
キャッシュバックは確かに魅力的ですが、やはり月々の支払いが安いに越したことは無いような気がしています。

というのも学生時代に急な引っ越しが決まって、生活環境が変わったときにプロバイダ選びに失敗したと感じた経験があったので今回記事にしてみました。
もしもサービス内容に特にこだわりがないのであれば、キャッシュバックに惑わされずに現実をよく考えたプロバイダ選びをするようにしましょう。

プロバイダ,光回線,おすすめ

※掲載されている価格は2018年11月24日時点のものです。

合わせて読みたい記事

  1. ルームウェア 大人の男なら当然持ってる?!リラックスタイムが変わるおすすめのル…
  2. FILM MACTHING 今日は何観る?夫婦にピッタリの映画をレコメンドしてくれる『FIL…
  3. ランニングタイツ おすすめ 走るなら履くべし!おすすめのランニングタイツ7選
  4. アクションカメラ おすすめ アクティビティにはこれ!本気で選ぶおすすめのアクションカメラ7選…
  5. 名刺入れ 比較 トップ画像 “小物”こそこだわるべし!男前度を上げて…
  6. ライダースジャケットを着た男性 “男前度”爆上がり!おすすめの本気ライダ…
  7. デスクライト 比較 トップ画像 読書がはかどる?!テンションが上がるデスクライト7選
  8. 毛玉クリーナー 比較 ニットの悩みはこれで解消!おすすめの毛玉取り7選
Hi9
  1. SIRUIポケットスタビライザー
  2. Retroduck Q
  3. Walker
  4. イオニアカード
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!