その他サービス

ワタシが出来ることでちょっと働く!”スキル”シェアリングエコノミー『GoodTiming』

goodtiming

皆さん、「シェアリングエコノミー」って言葉は聞いたことありますか?初めて聞いた人もいるかもしれませんね。

「シェアリングエコノミー」とは、モノやサービス、場所などを色んな人とシェア(共有)する社会的なシステムのことを指します。
カーシェアリングやシェアオフィス、民泊もこれら全部シェアリングエコノミーのうちの一つなんですね。

goodtiming

今や現代の流れを象徴するワードでもある「シェアリングエコノミー」ですが、今回はスキルをシェアするシェアリングエコノミー『GoodTiming』をご紹介します。

「おねがい」と「できる」を繋ぐコミュニケーションプラットフォーム

『GoodTiming』とはズバリ”「おねがいしたい人」と「それが出来る人」同士がマッチングできる”プラットフォームサービスです。
こういうことをお願いしたい、とは思ってるけど周りに出来る人がいない…。そんな時に『GoodTiming』を開いてみましょう。

goodtiming

使い方はとっても簡単。「こういうことをお願いしたい」人がジョブ(お仕事)としてまずは登録します。
あとはそのジョブをお手伝いしたい人が連絡してくるので、そこでマッチング成立!

マッチングするとLINEのようなメッセージをやり取りする画面になるので、そこでジョブの流れを相談してください。

報酬はもらえるの?

労働の対価、というのはやはり必要です。タダ働きだとお願いする方もお願いされる方も無責任になりがちです。
『GoodTiming』ではジョブに報酬を設定することが出来ます。お仕事をお願いする人は大体このぐらいかな~という感じで設定してください。

goodtiming

▲実際のジョブ(お仕事)の画面

厳密にこのジョブはこういう内容だからこの報酬!!という風に決まっているものでもありません。
あくまで”お願いごと”というニュアンスなのでお願いする人が出せる無理のない範囲で報酬を設定しましょう。

ちょっとした事でも大丈夫!”お願い”してみよう!

どんな事でもお願いしていいの?と言われるとそれは内容にもよりますが、大体のことはOKです。
例えば「買い物代行」。ちょっと今日は忙しくて買い物に行ってる時間がないから誰かにお願いしたい!

goodtiming

時間が空いていて買い物代行のお手伝い出来る人は、ササッと言われた通りの買い物済ませて報酬ゲット。
これって新しい働き方だと思いませんか?世の中では副業や兼業が推されていますが、実はそんなに肩肘張らなくても空いた時間にだけ働く方法が『GoodTiming』で実現出来るんです。

その実は”ご近所付き合い”活性化サービス!?

読んでいてお気付きの方もいるかと思いますが「”お願いごと”の為にわざわざ隣の県からやってきました」、なんて事は起こりません。
『GoodTiming』が力を入れているのはローカルコミュニティの活性化。ようするに”ご近所付き合い”のやり取りをWebサービスとして再現したのです。

goodtiming

ずいぶん前から日本は核家族化が進んでいると言われており、ご近所さんとのお付き合いが疎遠になっているそうです。
一人暮らしだと家で緊急事態があった時に一番近くにいるのは家族でもなく、実際はお隣さんだったりご近所さんな訳です。

しかし何かきっかけがないと繋がりが出来ないのも事実。そのきっかけ作りにぜひ『GoodTiming』を使ってみましょう!

実は今回ご紹介した”イマドキ”なシェアリングエコノミーサービス『GoodTiming』にHacktsu編集部が先日インタビューしてきたのです!
その様子を本日夕方17時に公開しますので、お楽しみに!!

参照:GoodTiming

感情も認識できる!?お手伝いロボット『Gomer Smart Robot』

PrimeWardrobe
  1. AirConductionHeadset
  2. DigiNote
  3. GotekVoyageKeyboard
  4. BASECAMP
  5. otto
  6. S12
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!