スポーツ・アウトドア

みんなの憧れが形になった!電動インラインスケートボード『Yiiboard』

Yiiboard 電動 インラインスケート

メガネをかけた少年探偵アニメでちょいちょい活躍するアイテムと言えば超高性能なカットビマシン「ターボエンジン付きスケボー」ですよね。
劇場版では必ずと言っていいほど登場するようになりましたが、あのスケートボードいいなーっていつも思っていました。

Yiiboard 電動 インラインスケート

道交法のことを考えると色々アウトな部分が多いですが、もしも本当にあったらすごい便利だと思うんです。

実はスケートボードではありませんがインラインスケートで似たような商品がリリースされていました。
ただし正確にはインラインスケートボードで、縦に2つの車輪がついた電動ボードです。

Yiiboard 電動 インラインスケート

電動インラインスケートいう新ジャンルの『Yiiboard』

世界中で話題になっている電動インラインスケートボード『Yiiboard』はYiimix社が開発・販売しています。
通常のスケートボードよりも操作性に優れており、小回りが効くということでなんだかとても乗りやすそうです。

Yiiboard 電動 インラインスケート

しかしここでスケートボードにすら乗れない場合はやはりこの『Yiiboard』にも乗れないかのかという疑問が浮上しました。

かなり気になったので調べてみた所、「スケートボードに乗れない人でも安心して乗ることが出来ます。」との記載があったので何かしらのセンサーが搭載されているのでしょう。
縦に2輪というとどうしても不安定なイメージが付きまといますが、東京モーターショー2017ではホンダの「倒れないバイク」がコンセプトモデルとして登場したぐらいですので技術の進歩には驚かされてばかりです。

Yiiboard 電動 インラインスケート

最高速度20km/hと少年探偵ボードには及ばないものの…

後輪に配置された5インチハブモーターが動力源となっており、フル充電で約30kmの走行が可能です。
フル充電には約3~4時間かかるということなので、夜間にでも充電しておくといいでしょう。

リチャージタイムは約1,000回ですが、毎日乗るようなことがない限りバッテリーの消耗を気にする必要はなさそうです。

Yiiboard 電動 インラインスケート

そして肝心の最高速度ですが、メガネ少年の方はターボエンジン搭載ですのでまず勝ち目はありません。

Yiiboard』の最高速度は約20km/hなので自転車をちょっと頑張って漕いだくらいの速度ですが、そう考えるとなかなか速いですね。
IP54相当の防水機能がついてますので、雨天であっても問題なく走行することが出来ます。

Yiiboard 電動 インラインスケート

最大積載量は驚きの150kg?!

この数字はなかなか優秀ではないでしょうか。

Yiiboard』の本体サイズは858 × 215 × 150 mm、重量6.3kgとなっていますので、こんな小さくて軽いボードの上に150kgが乗るとなると軽めの事故です。
体重70kgの成人男性が2人乗れてしまうわけですが、ボードの長さを考えるとポジションとしてはおんぶが正解ですね。

Yiiboard 電動 インラインスケート

安定して距離と速度を出したいのであればやはり最大積載量の半分、75kg以下であることが望ましいでしょう。
傾斜15°の坂道もパワフルに走るということなので、後輪に搭載されているハブモーターは小型ながらなかなか優秀であると言えます。

Yiiboard 電動 インラインスケート

公道での使用は禁止です。

当然のことながら公道での使用はアウトですので、自宅の敷地内か広い場所で許可を得て遊ぶ必要があります。
Yiiboard』があれば10kmぐらい離れた場所へ買い物に行くのも便利そうなのですが、日本の法律はなかなか厳しいので仕方ありません。

ルールを守って安全に楽しく遊びましょう。

現在クラウドファンディングサイトMakuake本体価格¥59,616(税込)にて予約受付中です。
日本に初上陸ということで法律による規制が少々アレですが、きっと乗ればハマる面白さがあると思うので自宅の敷地が広い方におすすめです。

参照元: Makuake

関連記事>>アニメの主人公になったみたい!『Mellow Drive』であなたのスケボーが電動駆動に変身

セイコークロック/PYXIS-RAIDEN-NR532W
  1. アイマスク
  2. TKG似合う米 比較01
  3. 車用スマホホルダー 比較01
  4. EMS腹筋パッド
  5. キャンプ マット
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!