スポーツ・アウトドア

海外旅行の貴重品管理どうする?便利なポーチ『NewTon』で決まり!

NewTon

海外旅行の準備で悩むのが「貴重品の管理をどうするか」ということ。キャリーバッグなら盗まれづらいですが、こんなに大きなものを持ち歩いては快適に旅行を楽しめません。

そこでおすすめしたいのが、安全性と利便性を備えたポーチ『NewTon(ニュートン)』です。

リュックに取り付けてスムーズに貴重品を取り出せる

NewTon

『NewTon』はリュックに簡単に取り付けられるポーチ。身体の前面にポーチがくるので盗まれにくく、いちいちリュックを降ろすことなく財布をサッと取り出せます。

NewTon

NewTon

このように『NewTon』のリング部分を上に引っ張ればスッとポーチが降りてきます。元に戻すのも簡単で、リングを持ちながらベルトを上に引っ張るだけです。

手ぶらで大量の荷物を持ち歩けるのがリュックの強みですが、このポーチを取り付ければさらに利便性が増しますね。

リュックへの取り付け方も簡単。リュックのショルダー部分にマジックテープ式のグラブを巻きつけるだけです。

NewTon

 海外旅行でどう活用する?

海外旅行は飛行機に乗るところから始まります。キャリーバッグをベルトコンベアに乗せて預け、財布やパスポートなどの貴重品はリュックなどに入れて機内に持ち込むのが普通です。

エコノミークラス 座席

エコノミークラスは足元が狭いため、リュックは収納棚にしまうことが多いですよね。心配性な人は「トイレに行ったり寝ている間に棚からリュックを盗まれてしまうのではないか」と思ってしまいます。

そんな時に『NewTon』に貴重品を入れておけば、小さなポーチなので手元に置いても邪魔になりません。

NewTon

これで機内でも安心してぐっすり眠ることができますね。

飛行機が現地に着陸して「やっと着いたー」と思いきや、まだ入国審査が残っています。自分の番がきてパスポートを取り出さないといけないのに「あれ、どこいった?」とリュックをゴソゴソ探った経験はないでしょうか。

ただでさえ厳しい入国審査官の目つきがさらに厳しくなることを想像するとゾッとしますね。

入国審査

『NewTon』にパスポートを入れておけばモタモタすることなく、素早くパスポートを取り出せます。自分の番が来る直前までパスポートを手に持っておかなくていいのも嬉しいです。

こうして、憧れの地に足を踏み入れることができました。せっかく高いお金を払って海外に来たのだから、できる限り色んな場所に足を運びたいですよね。

外国風景

『NewTon』にパスポートと財布を入れ、リュックにお土産などを入れるスタイルで出かければ手がふさがることなく、快適に街歩きできます。

ウェストポーチでも代用できるかもしれませんが、「貴重品が入っていること」が一目で分かってしまうので治安の悪い国だと狙われやすくなります。『NewTon』のような肩かけポーチは珍しく、ウエストポーチより狙われにくいと言えるでしょう。

他にも活用シーンは様々!

『NewTon』はもちろん普段使いでも活躍します。

例えば通勤・通学の時。満員の電車やバスに乗るとき、貴重品を盗まれないか心配じゃありませんか?『NewTon』は身体の前にあるので「知らぬ間にリュックを開けられて…」という心配がありません。途中でコンビニに寄って朝食や飲み物を買うときもスムーズに財布を取り出せるので便利ですね。

NewTon

自転車通勤をしている人にもニュートンがおすすめです。自動販売機で飲み物を買うときにいちいちリュックから財布を取り出す面倒さがなくなります。

NewTon

価格、入手法は?

海外でも、普段の通勤・通学でも、あらゆるシーンで活躍するポーチ『NewTon』ですが、Makuakeから¥4,968で購入できます。これは20%offの価格で、31%offの200個分はすでに完売しています。

とっても便利な『NewTon』をお供にして、快適な海外旅行を楽しんでください。

<参照元>
Makuake
NewTon公式サイト

 

  1. Spirale 物々交換
  2. 名刺交換
  3. BRUNO ホットプレート
  4. OVO ポータブルスピーカー
  5. 馬蹄型財布 比較
  6. Saxmonica サックス
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!