アウトドア

小さいけれど頼りになる!もしもの時のポータブル救命道具『Kingii』

Kingii

『Kingii』は、水のあるシーンで活躍する新しい形のポータブル救命アイテムです!
片手に装着することができ、緊急時にはレバーを引くだけで作動し、1秒以内で一気に膨らみ浮輪代わりとなってくれます。
ちなみに『Kingii』という名前は、威嚇時に一瞬でネックフリルが開くエリマキトカゲから採用されたそうですよ。

Kingii

もし海や川などで沈んでしまったり溺れた時に、ガスカートリッジ部に付いている銀色のレバーを引きます。
そうするとバッグが勢いよく開き、水面まで身体を引っ張っていってくれ、浮かんだ状態を維持してくれます。
その後は、バッグ部を胸に抱えながら助けが来るのを待ちましょう。

Kingiiの本体は、膨らむ救命バッグが収納されている部分と、二酸化炭素ガスのカートリッジを取り付ける部分で構成され、腕時計のような長さ調節ができるベルトに取り付けられているというシンプルなものです。

ベルト部にはコンパスが備え付けられ、バッグが膨らむと同時にホイッスルも飛び出してくるため、遠くまで届く高音で助けを呼ぶことができます!

性能としては、124kgの重さの人まで水面に浮上させることができるという試験結果を得ています。
本体の重さは約140グラムほどなので、様々な行動の妨げとならないため、釣りやサーフィン、シュノーケリングや水泳など、様々なウォーターシーンでの使用が可能です。

Kingiiを使用する上で注意しなければならないのは、救命胴衣としては使用できないということです。

装着していると命が助かる可能性は上がりますが、あくまでもサポート器具としての立ち位置にあるので、着用が指定されているところでは救命胴衣を着るようにしてください。
また、16歳以上の人しか使用できないので注意です!

Kingiiは、二酸化炭素ガスのカートリッジを取り換えれば何回でも使用が可能
カートリッジはネジ式で簡単に取り付けることができて、本体1つにつき2つ付属する他、別途での購入も可能です。
バッグ部は大体30cm程度で、折りたたみ丸めこむことで再利用することができます

水のある場所での救命道具は、作業の邪魔になるためおろそかになったり、忘れられたりしがちです。
Kingiiは簡単に装着することができるので持ち運びにも苦労しない上、小さなボディからは想像ができないパワフルな威力を発揮する画期的なアイテムなんです。

参照元: INDIEGOGO

DIY
  1. 高級ノート
  2. クイジナート バキュームシーラー
  3. スマホ用三脚
  4. 残業証拠レコーダー01
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!