アウトドア

ダイビングを楽しむ全ての人に!スマホの防水ケースに取付可能なダイビングコンピューター『DIVEROID mini』

DIVEROID mini ダイビング

より深く、より長く海の中に潜るためには様々な機材が必要になりますが、はっきり言って準備が大変です。

計器類の見方も覚えなくてはいけませんし、そもそも慣れないうちはボンベを背負うのですら一苦労。
そんな状況でさらに不慣れな海中に潜るわけですから、ちょっとでも使い慣れたアイテムがあるとどれほど心強いか想像するのは簡単ですね。

DIVEROID mini ダイビング

DIVEROID mini』はスマホの防水ケースに取り付けられるダイビングコンピューターで、使い慣れたスマホの画面で必要な安全危機機能にアクセスすることが可能です。
もちろんカメラへの切り替えもできますし、接続はワイヤレスなので水が侵入する心配もありません。

スマホ一台で複数の危機機能をカバー出来るようになりますので、荷物も減らせて使いやすいなんて水中では本当に夢のようなアイテムです。

DIVEROID mini ダイビング

水中でもスマホをフル活用できる

DIVEROID mini』はスマホの防水ケースに取り付けて使用するアイテムで、iOSAndroidどちらにも対応しています。
これ1台あればダイビングコンピューターからコンパス、カメラ機能まで補ってくれるので、従来のダイビングよりもちょっとだけ荷物が少なくて済みそうです。

デバイスとスマホはBluetoorhを利用して接続しますので、水がケース内に侵入してしまうといった心配もありません。
使い慣れたスマホのディスプレイで、NDL(No Decompression Limit)や温度深度コンパスまで直感的に確認することが可能です。

DIVEROID mini ダイビング

ログブックの感知が簡単にできる

ダイバーにとってダイビングログブックはキャリアを表す唯一のものであり、履歴書のような存在ですが小まめに記録するのは本当に手間がかかります。
ログブックの重要性は頭ではよく分かっていても、実際に細かくログブックをつけているのはダイビングを仕事にしている人たちぐらいではないでしょうか。

しかし『DIVEROID mini』ならそんな面倒なログも簡単かつスマートに管理することができます。

日付や時刻、場所はもちろんのこと撮影した動画には水深何mで撮影したかという情報まで記録されますので、そのままお使いのログブックに移せばかなり詳細なログをつけることが可能になります。
また撮影した動画は専用アプリでシェアも簡単に行うことができます。

DIVEROID mini ダイビング

独自のカラー調整で水中でも鮮やか

防水ケースに入れてスマホでただ撮影しただけではほとんどの場合でブルーとグリーンの世界しか写りません。
その写真には見た時の感動はなく、ただただブルーとグリーンが支配する画像となってしまい仕方がないことであると分かっていてもとてもガッカリさせられます。
だからといって専用のカメラを購入するのは気が引けますし、そもそも予算的にそんなに簡単な話ではありません。

そこで活躍するのが『DIVEROID mini』で、独自開発のカラー調整エンジンを搭載しているのでリアルに近いカラーでキャプチャすることが可能です。
見たままの世界をそのまま映像や写真に残せますので、あとで見返してもその時の感動を鮮明に思い出すことができるのではないでしょうか。

DIVEROID mini ダイビング

使いやすいからって夢中になりすぎないように

いくら機器類が表示されているからといってもカメラなどに夢中になってアラートを無視してしまっては命が危険にさらされてしまいます。
水中では判断を誤ればそのまま命の危機に直結しますので、しっかりと状況を把握しながら出来る限り短時間で思いっきり楽しむように心がけましょう。

DIVEROID mini ダイビング

DIVEROID mini』の本体価格は¥20,690となっており、出荷は今年の8月から順次行われる予定です。
ハードケース用とバックケース用の2種類がありますので、購入を検討する場合には環境に応じで選ぶようにしましょう。

DIVEROID mini ダイビング

参照元: rakunew

HERO トップ画像
  1. OSCILL フィジェットツール
  2. メディシンボールを持った女性
  3. ORVIBO ホームセキュリティ
  4. duitドライハウス トップ画像
  5. FLAK SACK SPORT 鞄 盗難防止
  6. TV視聴アプリ スマホ動画
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!