アウトドア

ツーリングをもっと楽しく!コンパス型ナビゲーションデバイス『Beeline Moto』

Beeline Moto ナビ デバイス

真夏のバイクツーリングはなかなか厳しいものがありますが、9月後半から11月前半までは絶好のツーリングシーズンと言えるのではないでしょうか?

特に10月中頃は快適そのものでジャケットを着ていても暑くないですし、地域によっては紅葉も楽しめるのでバイカーを良く見かける季節でもあります。

Beeline Moto バイク

ツーリングの強い味方といえばスマホとGoogleマップですが、ハンドルにスマホホルダーを取り付けたり防水ケースに入れなければならなかったりとちょっと面倒ですよね。
そのままつけている人もいますが万が一雨に打たれた時のことを考えるとゾッとしますし、手袋をした手で操作すると落下の原因にもなります。

そんな時『Beeline Moto』を使えばスマホはバッグの中でOK、しかも矢印と距離のみでナビしてくれるのでスマホナビでは味わえないワクワク体験ができるかもしれません。

コンパス型ナビゲーションデバイス

Beeline Moto』はとてもシンプルな表示で見やすいコンパス型のナビゲーションデバイスで、これまでのナビと違って矢印と距離のみで目的地までナビゲーションしてくれます。
タフなボディにロングライフバッテリーを内蔵しており、ハンドル周りに付けても邪魔にならないコンパクト設計です。

ルートモードコンパスモードを搭載しているのでその日の気分に合わせて目的地までどう行くかを選ぶことが可能で、自由に走りたいならコンパスモードがおすすめ。

ルートモードは専用アプリを使って完璧なルートを簡単に作成できるので、時間通り行動したい場合やマスツーリングの時などに重宝しそうです。

Beeline Moto バイク ツーリング

シンプルなインターフェース

2つのナビゲーションモードについてもう少し詳しくご紹介していきます。

まずコンパスモードについてですが、このモードではアプリで設定した目的地までの距離と方角のみを示してくれます。
直線距離での計測になるのでルートなどお構いなしに自由に走りたい時などに最適なナビゲーションモードと言えそうです。

Beeline Moto ナビゲーション画面

次にルートモードですが、このモードはアプリでピンをドラッグアンドドロップして目的地とルートの設定をします。
画面には進行方向と進路変更ポイントまでの距離が表示され、一番外側には白いドット次に進む方角が表示される仕組みになっています。

慣れるまでは不安に感じることがあるかもしれませんが、自分で決めたルート通りにナビしてくれるので調べた分だけ安心感を得ることができます。

Beeline Moto ナビゲーション画面

トラッキング機能付き

アプリには行ったところの全ての記録、それからどれだけの距離をどのくらいの速度で移動したのかが記録されるようになっています。

GPSトラッキングですので記録されるデータはとても正確で、デバイス上にライブ統計を表示させることも可能です。

Beeline Moto スマホ

また『Beeline Moto』自体はIP67の防じん・防水設計ですので突然の雨にも対応できます。

ツイストロックマウントで固定力も抜群、バイクの振動で外れてしまうようなこともないので安心して使用できるでしょう。

Beeline Moto バイク ナビ

ツーリングをもっと楽しく

アプリで作成したルートデータは簡単に保存・シェアできるので、自分が作成したルートを誰かが走ってくれるなんてことも可能になります。
もちろんその逆も然りで、誰かが作ったルートを走るといったこともできますので面倒なルート設定をしたくない時などには重宝しそうですね。

Beeline Moto』は¥26,3902019年3月以降の出荷予定とのことですので、来年の春からは新しいツーリング体験ができるかもしれません。

スマホナビやポータブルナビにちょっと飽きてきたなと感じているならば、このシンプルなコンパス型ナビゲーションをぜひお試しください。

※ 価格は2018年9月23日現在のものです。
Beeline Moto ナビ バイク
参照元: rakunew


このスマホホルダーは快適すぎる!置くだけでガチッと固定できる『TIGRA SPORT』

veered-wallet
  1. GMT
  2. Snoppa Atom
  3. DRILL DRIPPER
  4. nemomi
  5. 未来ショッピング
  6. 毛玉クリーナー 比較
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!