乗り物

もっとチョイ乗り!折りたたみ式電動スクーター『onemileスクーター』

onemileスクーター

「車に積めるスクーターが欲しい」、こんな風に思ったことはありませんか?
駐車場がなかなか見つからない街中や道幅が狭い住宅街など、ちょっと離れた所に車を置いて移動できたら便利ですよね。

自転車なら簡単に積めるけど距離が遠かったり移動に時間がかかりすぎたり、地方に行けば行くほどこうしたシーンに遭遇する機会は増えるでしょう。

そんな時は折りたたみ式の自転車ではなく、電動スクーター『onemileスクーター』を使ってみてはいかがでしょうか。
このスクーターはライトやウインカー、ミラーなどの保安部品がついているのでナンバーの取得が可能です。

そこまで距離がなければ通勤や通学にも使用できますし、ガソリンを使わないのでとっても経済的。
これからの時代は電動スクーターをもっと活用していきましょう。

onemileスクーター

日常を楽しくする電動スクーター

onemileスクーター』は一度の充電で最大35km最高時速25km/hで走行できる電動スクーターです。
本体は折りたたみ式2アクションで驚くほどコンパクトになるだけでなく、スーツケースの様に引っ張れるので持ち運びがとても楽です。

使いやすさにとことんこだわった設計でハンドル周りはもちろんのこと、サスペンションをシート下のパイプに内蔵することでスマートなデザインを実現しました。

持ち運びラクラク

低速のレジャーモードとスピードとパワー重視のスピードモードを搭載しているので、利用シーンに合わせて使い分ければバッテリーの持ちを長くすることも可能です。
ブレーキには安心安全なディスクブレーキを採用、スピードが出すぎて止まれないといった事もなく雨の日でも制動力をキープします。

onemileスクーター ディテール

駐輪スペースがない都心にも最適

onemileスクーター』の良いところは折りたたむと102×24×38cmというコンパクトサイズになることから、玄関にだって置いておくことが可能です。

都心部に住んでいる人は駐輪場が有料だったり、住んでいるマンションやアパートに駐輪場がない場合が多々あります。
残念ながら立てかけて置くことはできませんが、これだけコンパクトなら部屋の隅に置いても問題なさそうですね。

自宅で保管すれば盗難に合う心配もありませんし、イタズラされる心配もないので安心して毎日乗ることができるでしょう。

2アクションで簡単に折りたたみ

専用アプリでコントロール

専用アプリをインストールすればワイヤレス接続による遠隔操作スマートロックGPSナビ車両検査などの機能が利用可能になります。
特にセキュリティや車両検査に関しては電動スクーターを選ぶ最大のメリットでもありますので、アプリは必ずインストールするようにしましょう。

ただし日本語版は現在開発中ということで、今は英語版と中国語版のみダウンロードが可能なようです。
また、GPSを利用した移動ログの記録も可能なので、おおよその走行距離からバッテリーの充電時期を予想したりと便利な使い方ができるでしょう。

専用アプリ

“ちょっとそこまで”を快適に

電動スクーターは今、世界中でその存在感を増してきています。
日本でもガソリンの高騰が止まりませんし、今後ますます電動タイプの乗り物が注目を集めることでしょう。

onemileスクーター』は性能面だけでみれば物足りない部分もありますが、圧倒的なまでのポータビリティで特に都心部にマッチする乗り物といえるでしょう。

積載性が抜群

本体価格も¥148,500~と比較的リーズナブルなので、徒歩と自転車に次ぐ第三の移動手段として導入してみてはいかがでしょうか。
きっとほんの少しだけ毎日がエコで快適になるはずです。

参照元:Makuake

合わせて読みたい:

快適な通勤を手に入れよう!折りたたみ式電動ハイブリッドバイク『Airwheel R5』


「Sunpie」電動自転車 フル電動

関連商品|「Sunpie」電動自転車 フル電動 / ¥88,888

※掲載価格は2019年1月10日時点のものです。

スマートウォッチ
  1. Grain
  2. Screwdriver
  3. Neotokyo
  4. GravaStar
  5. mover
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!