AV機器

新境地を開拓!最先端ノイキャン技術を搭載した3Dワイヤレスヘッドホン『SHIVR』

SHIVR

フルワイヤレスイヤホンの進化は大分落ち着いてきたという印象ですが、今度はワイヤレスヘッドホンの進化が止まりません。
イヤホンと比べて筐体が大きいだけに、その分だけ技術が介入する余地があるわけですから当然の出来事と言えるでしょう。

ヘッドホン

では具体的にどんな部分が進化しているのか、ずばり言えば“音の位置が変わらなくなっている”というのが一番大きな変化ではないでしょうか。
ヘッドホンを装着したあなたが、右を向こうと左を向こうと音は正面であり、そのサウンド体験はまさにライブハウスといったところ。

今回ご紹介する『SHIVR』は、そんな3Dサウンドに加えて最先端のアクティブノイズキャンセリング技術を搭載したワイヤレスヘッドホンです。
ヘッドホンならではの快適性にもこだわった作りになっていますので、通勤通学のおともをお探しの方は必見です。

新しい3Dワイヤレスヘッドホン登場

SHIVR』は究極の快適性と、アクティブノイズキャンセリング技術を提供する次世代の3Dワイヤレスヘッドホンです。
ジャイロスコープ技術をベースにした3Dオーディオアルゴリズムで、よりリアルな音響体験を提供してくれるでしょう。

具体的には音声のサウンド間と空間感覚を向上し、「音がどの位置で鳴っているかとういことを正確に掴むことが可能です。
さらにはイヤーカップに内蔵されたフィードフォワードマイクフィードバックマイクの2つで、より高度なノイズキャンセリングを実現しています。

SHIVR

3Dオーディオ革命

私達の耳というのは、あらゆる方向と距離、そして反射による素材感などを“聞こえ方”で認識しています。
ナチュラルサウンドにはそんなにも多くの情報が含まれているにもかかわらず、コレまでのヘッドホンでは左右からしか音を伝えられていませんでした。

環境シミュレーターで再構築

そこで『SHIVR』は、異なる音源から一度音を分解し、環境シミュレーターで再構築することで音の方向や距離、反射面データを決定しています。
さらには最適化されたジャイロスコープを実装し、ヘッドトラッキング技術により頭がどの方角を向いても音の位置が変化することはありません。

結果的により現実に近い感覚で音を聞くことができるので、長時間のリスニングでも疲労を感じることなく音楽を楽しむことができるでしょう。

ヘッドトラッキング

最先端のノイズキャンセリング技術

SHIVR』はフィードフォワードマイクとフィードバックマイクの2つでノイズ除去処理を実施。さまざな環境で高度なノイズキャンセリングを実現します。

アクティブノイズキャンセリング

また、『SHIVR』に最適化されたANCアルゴリズムを開発したことで、従来のソリューションよりも柔軟かつ効率的にノイズ除去ができるようになりました。
街中などのノイズが多い環境を適切に検出。フィルターのパラメータを自動で調整してくれるので、没入感のあるサウンド体験を提供すことが可能になります。

ワイヤレスヘッドホンの新しい1ページ

SHIVR』は基本性能でも抜かりなく、40mmバイオニックステレオドライバーを内蔵。ささやきからたっぷりの重低音まで忠実に再現。
Bluetooth5.0採用により接続安定性も格段に向上しています。

さらにはアンビエントサウンドモードも搭載し、歩行中に周囲の音を検出したり、ヘッドホンをしたまま他人との会話すら可能と機能面も充実しています。
インテリジェントなバッテリーセーバーで最大25時間以上の連続再生にも対応、もはやバッテリー切れを心配する必要はありません。

SHIVR構造

これだけの完成度を誇りながら、『SHIVR』は¥15,400~とコスパに優れる価格を実現。発送は2019年6月頃を予定。
デザインもスマートな仕上がりとなっていますので、これからワイヤレスヘッドホンの購入を検討するならぜひとも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

SHIVR

参照元:makuake.com

合わせて読みたい:

使いやすさ最上級!ハイブリッドノイキャン機能搭載ワイヤレスヘッドホン『Mu6』


COWIN E7 PRO

関連商品│COWIN E7 PRO ¥8,980

※掲載価格は2019年4月23日時点のものです。

ウェアラブルスピーカーおすすめ
  1. GoProアクセサリ
  2. 激安アクションカメラおすすめ
  3. フィルター付きボトルおすすめ
  4. 水耕栽培キットおすすめ
  5. ソープディスペンサーおすすめ
  6. ポータブル加湿器おすすめ
PAGE TOP