IoT

少しの“便利”をプラス。シールで貼れる紛失防止IoTタグ『MAMORIO FUDA』

MAMORIO FUDA

人間誰しも忘れ物をすることはありますが、時にはどこに置いてきたかわからなくなってしまうこともありますよね。
その日の行動を思い出していって見つかることもあれば、運良く警察に届けられることもありますが、ほとんどの場合手元に返ってくるということはありません。

そんな忘れ物ならぬ“失くし物”をなくすために開発された『MAMORIO』に、新しいアイテムが仲間入りしました。

【”落し物”からのSOS?】世界最小級の落し物追跡タグ「MAMORIO」

MAMORIO FUDA』は、失くしたくない物に貼って使えるシール型の忘れ物防止IoTタグです。
従来のキーホルダー型と違って、PCやカメラ、手帳、ノート、パスケースなどにもつけられるのが最大の魅力といえるでしょう。

「名刺入れを落とした」「大切なPCバッグを電車に置いてきてしまった」なんて経験がある人は、ぜひ『MAMORIO FUDA』をお試しください。

MAMORIO FUDA

貼れちゃう紛失防止タグ

スマートフォンアプリとペアリングさせて利用する紛失防止用IoTタグ『MAMORIO』に、シールタイプの『MAMORIO FUDA』が登場しました。
製品名の由来はお札からとっていますが、もう一つ「Future Days」の意味も含まれているとのこと。

MAMORIO』シリーズは万が一置き忘れた場合に、どこで最後に通信したのかをアプリで確認できるトラッキング機能を搭載した小型デバイスです。
電車などに忘れてしまった場合でも、他の『MAMORIO』ユーザーが紛失したタグの通信圏内に入ると通信するクラウドトラッキング機能が利用できます。

また、公共の交通機関各社と提携して『MAMORIO Spot』を配置。
駅などの交通機関や、六本木ヒルズやスカイツリー、函館朝市などの商業施設で『MAMORIO』専用アンテナを設置を進めており、落とし物の紛失防止に努めています。

使用イメージ

MAMORIO FUDA』の特徴

シール型最大のメリットは手帳や名刺入れ、タブレットにも取り付けできるところで、曲面でなければほとんどのアイテムに使用できます。
本体の材質はポリ塩化ビニルでソフトな触り心地を実現。たとえバッグの中で他のアイテムに当たっても傷をつけることはありません。

本体サイズは24×36.2×3.4mmとなっており、通常の『MAMORIO』よりも一回り大きめ。
有効距離は60mで電池寿命は約1年。これまで通りユーザー自身でのバッテリー交換は不可で、曲面への貼付けも不可となっています。

両面テープは繰り返し使えないこともないですが、剥がすときに本体を折り曲げてしまうリスクもあるのでできれば一度貼ったらそのまま使用するのがおすすめです。

大事なものに貼って使う

有償交換サービス“OTAKIAGE”

他のトラッカーと違い、『MAMORIO』シリーズはユーザー自身でバッテリー交換をすることができません。
そのため大体1年ごとにメーカーへ送ってバッテリーを交換する必要がありますが、『MAMORIO FUDA』では初回ペアリングから180日経過という条件を満たせば有償交換サービス“OTAKIAGE”の利用が可能になります。

OTAKIAGE半額で『MAMORIO FUDA』を購入できるというもので、『MAMORIO』シリーズの中では最安値なだけに厚みが気にならないのであれば“貼らずに使用する”というのもいいかもしれません。

平らな面に貼れる

もう失くさない

MAMORIO FUDA』の価格は¥2,980(税込)となっており、すでに販売されている上位モデル『MAMORIO S』と同等の機能を備えているのに¥1,000以上安く購入することができます。

やや厚みがあるものの性能だけで見ればかなりお買い得ですので、今後トラッカー選びで迷うようなことがあれば『MAMORIO FUDA』というチョイスがベターといえるでしょう。

カメラにMAMORIO FUDA

参照元:amazon.co.jp

合わせて読みたい:

ついにここまで進化した!カード型トラッカー『SAFEDOME』


MAMORIO BLACK

関連商品|MAMORIO BLACK ¥3,777

※掲載価格は2019年2月15日時点のものです。

合わせて読みたい記事

  1. MAMORIO FUDA 【製品レビュー】大切なPCに『MAMORI FUDA』を貼りまし…
静電気除去ツール
  1. MOFT X
  2. UiiSii
  3. fonebudW
  4. Mr.Charger
  5. LUMIR
  6. AGレンズ洗浄機
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!