PC・スマートフォン

作業効率向上!スタイリッシュなポータブルディスプレイ『CF015C』

CF015C

みなさんは、サブディスプレイを使用することで作業効率性がどれくらい向上するのか知っていますか?
一説では約40%ほど向上するといわれており、様々な職種の方がマルチディスプレイを導入しています。

筆者も自宅ではデュアルディスプレイで作業をすることがほとんどですが、通常のディスプレイをモニターアームに固定して使用しているため、屋外での作業時に効率が悪くてイライラしてしまうことがしばしばあります。

PC作業

そんな時、C-FORCEのポータブルディスプレイ『CF015C』があればもう大丈夫。いつでもどこでも大画面を利用して作業効率化を向上することができます。

ノートPCがなくてもスマホとワイヤレスキーボードがあれば同じように使うことができますし、荷物をぐっと減らすこともできそうですね。

使いやすさを追求したポータブルディスプレイ

CF015C』はUSB-Cでデバイスと接続して使用するポータブルディスプレイです。
ディスプレイサイズは15.6インチで視認性は抜群で、視野角178°4K100% Adobe RGB採用でポータブルとは思えない画質を実現しました。

CF015C』を持ち歩けば、マルチスクリーンによるインタラクティブさと効率性をいつでもどこでもユーザーに提供してくれます。
SHARP製オリジナルスクリーンは絵画クラスのプロフェッショナルな使い方にも対応。もう重たいノートPCを持ち歩く必要はありません。

CF015C

CF015C』の特徴

本体の厚みはわずか6mmほど、重量は700gしかないディスプレイですが、高品質なアルミケース採用でチープさは全くといっていいほどありません。
スタンド機能付きのカバーを標準装備しており、隠しマグネット付きで使用しないときはディスプレイをしっかりと保護してくれます。

重量700g

持ち運びできるといってもサイズ自体は大きめなので、使用するバッグは選ぶかもしれませんが重量が軽いのであまり負担にはならなそうですね。
ノマドワーカーなら一つは持っておきたいポータブルディスプレイですが、「価格が高くて…」とお悩みの方には最適な選択肢となってくれることでしょう。

作業を効率化

Mac miniとの組み合わせが最強?

ノートPCのマルチディスプレイとして、スマートフォンやタブレットと接続してメインディスプレイとして、一つの画面をシェアするサブディスプレイとして使用できる『CF015C』。

しかし、このディスプレイとの最強の組み合わせはMac miniであることに疑いの余地がなく、いつでもどこでも高度なOffice PCスイートを作成できます。

Webで完結する作業しかしないというのであれば、スマートフォンと接続してChromebookのような使い方をするのがベストかもしれませんね。
AndroidであればGoogleのスプレッドシートやドキュメントが使用できるので、環境によっては”PCいらず”なんてことも可能になります。

CF015C

ゲームにも最適!

CF015C』は仕事に使うばかりが能ではなく、たまにはNintendo Switchにつないで大画面でゲームをプレイするのもいいでしょう。
Nintendo Switchは携帯性に優れていますが、標準ディスプレイでは小さいので快適度がまるで違います。

仕事にゲームにと使い倒せるので、まだマルチディスプレイを使ったことがないという方はぜひとも導入を検討してみてはいかがでしょうか。
入手するなら送料込みで安心サポート付きのRakunewがおすすめ。価格は少々上がって¥19,290となりますが、通常のネットショッピング感覚で購入できるので一度お試しあれ。

CF015C

参照元:rakunew

あわせて読みたい:

作業効率が格段アップ!超軽量のポータブルタッチパネルモニター『Vinpok Split』


WIMAXIT 10.1インチモニター

関連製品│WIMAXIT 10.1インチモニター ¥12,999

※掲載価格は2019年4月18日時点のものです。

初心者におすすめの釣具
  1. マスクケースおすすめ
  2. タープおすすめ
  3. Spisen
  4. RDKHUB
  5. WRiSTウェアラブルスピーカー
  6. 備前玉
PAGE TOP