時計・アクセサリー

時計はシンプルに限る!靴に合わせてバンドを変える『アンティーク調腕時計』

アンティーク調腕時計

男性にとって腕時計とは、アクセサリーでありステータスでもある重要なギアです。
高級腕時計を身につける人もいますが、ほとんどの人は実用性重視でシンプルなものを選んでいるのではないでしょうか。

使いやすいことは確かに大事ですが、いついかなるときも大人の男たるもの“遊び心”を忘れないようにしたいものです。

腕時計をしている男性

スーツに合わせてネクタイを選ぶように、靴に合わせて腕時計を選んでみてはいかがでしょうか。
今回ご紹介するOLIEの『アンティーク調腕時計』は、シンプルなのに普通の腕時計とはひと味違うオシャレなプロダクトです。

さり気なく個性を出したい、他の人がつけていないような腕時計をしたいと思っている人にピッタリ。
カジュアルシーンだけでなく、スーツにもとても良く似合う腕時計です。

アンティーク調腕時計

10秒でバンドチェンジができる腕時計

OLIEの『アンティーク調腕時計』は、その日の靴のカラーに合わせて10秒で手軽にストラップを交換できる腕時計です。
一般的な腕時計のようにバネ棒を外して交換する必要がなく、NATOストラップのようにただ通すだけのシンプルなデザインを採用しました。

ベルトの形状

時計の大きさはSサイズLサイズの2種類で、ペアウォッチとしておそろいでつけてもいいでしょう。
ケースはシルバー真鍮の2タイプを用意。ヌメ革を使用したストラップはブラック・ブラウン・レッドから選べます。

ペアでもおすすめ

アンティーク調腕時計』の特徴

イメージを大きく左右するケースサイズは、Sサイズが20×20×12mm、Lサイズが38×38×12mmとなっています。
風防には一般的なプラスチックやサファイアガラスではなく、アメリカで生産されているステンドグラスを採用。

風防にステンドグラス

特有の波打ちが表情豊かで、この時計にしか出せないレトロな雰囲気をプラスしてくれています。
また、通常のガラスより厚みがあるためケースも比較的高さがある作りとなっていますが、“ひと味違うという特別感を感じることができるでしょう。

見え方が異なるクリアガラスとアッシュガラスの2種類をラインナップしており、真鍮ケース×クリアガラスシルバーケース×アッシュガラスが相性抜群です。

使用イメージ

魅力的な2タイプ

デザインだけでなく素材にもこだわる『アンティーク調腕時計』ですので、ここでは真鍮ケースとシルバーケースそれぞれの魅力をご紹介していきます。

真鍮ケース

真鍮ケース

ケースにはいぶし加工が施されており、真鍮がそもそも持っているレトロな雰囲気をさらに強調した仕上がりとなっています。
文字盤自体もアンティーク時計を元にデザインされたものですので、無骨なステンドグラスとの相性は抜群。

素材の特性上カジュアルなスタイルに合わせやすいですが、ネイビースーツとの相性もいいですし遊び心で選ぶなら真鍮ケースで決まりです

シルバーケース

シルバーケース

メッキ加工などを施していないスターリングシルバーを贅沢に使用したモデルで、使い込むほどに陰影がハッキリしてくるのが最大の魅力。
シルバーアクセサリーが好きな人にはたまらない仕様ですが、独特の柔らかい質感を思う存分味わえます。

シルバーもステンドグラスとの相性は抜群で、ケースが輝いている分アッシュガラスで落ち着きをプラスしてあげるといいでしょう。

さりげないこだわりを持とう!

シンプルなのに個性的で、素材のエイジングやメンテナンスまで楽しめるなんて男心をくすぐりますよね。
しかも組み上げは一つ一つ職人による手作業ですので、プロダクトのバックグラウンドを大切にする人も満足できる仕上がりといえるでしょう。

手作業で組み立て

価格はSタイプが¥13,824~、Lサイズが¥18,144~となっています。(シルバーケースのほうが少々高め)
こだわりと遊び心があるちょっと変わった腕時計をお探しなら、OLIEの『アンティーク調腕時計』はいかがでしょうか。

アンティーク調腕時計

参照元:makuake.com

合わせて読みたい:

素材とデザインを最適化した腕時計『WATCH3701』


The STAC Authentic Round

関連商品|The STAC Authentic Round ¥9,800

 

※掲載価格は2019年2月17日時点のものです。

合わせて読みたい記事

  1. アンティーク調腕時計 【レビュー#32】気分に合わせてベルトを変える『アンティーク調腕…
防災ラジオおすすめ
  1. フィッシングナイフおすすめ
  2. JPpro
  3. 家庭用エスプレッソマシンおすすめ
  4. 自転車用スマホホルダーおすすめ
  5. 卓上クリーナーおすすめ
  6. 工具メーカーおすすめ
PAGE TOP