時計・アクセサリー

ブランドよりも着け心地。ズレない大人のサングラス『SUi』

SUi

ファッションアイテムの一つとして誰しも一つは持っているであろうサングラス。
デザインやブランドにこだわる方もいれば、実用性重視で「紫外線さえカットできればなんでもいい」と選ぶ方もいるでしょう。

当然ながら性能が優れているものほど高価であり、そこにブランドバリューが加わると値段が何倍にもなってしまうことも。

そのブランドが好きで好きでたまらないというのであればいいのですが、これからのサングラスは着け心地で選んでみませんか?
今回ご紹介する『SUi』は、一言で表すなら“ズレない”サングラス。

海外ブランドのサングラスをかけてズルっとなっているそこのあなた、ズレないことの素晴らしさを知るなら今が絶好のチャンスですよ。

“ズレない”を追求した大人のサングラス

SUi』は仕事に遊びに、「毎日使える」を形にしたズレないサングラスです。ズレない秘密はテンプル内側のソフトラバーと、適度な硬さのノーズパッドにあります。
ソフトラバーの表面には凸凹加工を施し、高いグリップ効果を実現しました。さらに、凸凹が蒸れを防止する効果もあってまさに一石二鳥。

SUi

見落としがちですがズレないということは、サングラスが本来持っている性能を十分に引き出すための大切な要素です。
性能を一切気にせずアクセサリーの一つとしてサングラスを着用するなら話は別ですが、サングラスとしての機能を少しでも求めるならフィット感にはこだわって選びましょう。

日本人による日本人のための“ジャパンフィット”

海外ブランドのサングラスをかけるとどうしてしっくりこないのか、骨格が違うといっても具体的にどう違うのか理解している方は多くありません。
まず欧米人と日本人の頭蓋骨を比較すると、上から見たときに欧米人は楕円に近いですが、日本人は円形に近く側頭部が張り出している印象です。

ジャパンフィット

そのため鼻骨や頬骨の位置が欧米人と日本人では大きく異なり、結果として私達がUSフィットのサングラスをかけると、“笑うと同時にサングラスが持ち上がってしまう現象”が起きてしまいます。
SUi』のジャパンフィットはそうした骨格の違いを理解し、日本人が長時間心地よく着用できるように考案された設計なのです。

まぶしい日でもくっきり見えるレンズ

SUi』に使用されている“くっきり見えるレンズ”は、天気やシーンを気にせず使える優れものです。
パッと見はかなり暗めのレンズを採用しているように見えますが、輪郭や色がくっきり見える上に、トンネルや日陰に入っても不思議と暗くありません

まぶしい日でもくっきり見えるレンズ

偏光レンズでは見にくいスマホのディスプレイもなんのその。歪みにじみがなく、見づらさを感じることはないでしょう。
いつでもどこでも快適に着用できる、だから普段使いにもピッタリ。だからといって、お店などの屋内に入ったときまで『SUi』を着用するのはやめましょう。

知らず知らずのうちに周囲に圧迫感を与えているかもしれません。

“ズレない”は気持ちいい

SUi』はcoSUMI・NIBIsuzuri・BENI-mon・beloAI・taMAHAGANEの5種類からお好みのデザインを選ぶことができます。
taMAHAGANE以外はどんなスタイルにも合わせやすいので、どれを選んでも失敗することはないでしょう。

バリエーション

ズレない大人のサングラス『SUi』は、今なら1つ11,440円(税込)から入手することができます。
プロジェクトは5月25日まで公開中、リターンの発送は6月初め頃を予定しているとのことです。

参照元:makuake.com

【世界に一つの木目】天然木が素材の最高品質サングラス『Apollon』


MODE des MONDE サングラス

関連製品│MODE des MONDE サングラス ¥2,480

※掲載価格は2020年4月20日時点のものです。

合わせて読みたい記事

  1. SUi 【レビュー#102】ズレにくいサングラス『SUi』で毎日はとても…
Tetrapod Speaker
  1. Mahaton除菌ボトル
  2. Metastand
  3. FeiyuPocket
  4. Fillit Pocket
  5. MuscleEnergy
  6. 家・GYM
PAGE TOP