レビュー

【レビュー#58】オシャレな全方位スピーカー『audioCube』が面白い!

audioCube

ポータブルスピーカーはすっかりワイヤレスが主流となりましたが、デザインは「スマートでなければならない」という縛りでもあるのでしょうか。
そう考えてしまうほど、市販されているポータブルスピーカーの多くが、余計な装飾を排除したシンプルなデザインとなっています。

その点こちら↓の『audioCube』は、携帯性を犠牲にしつつもデザイン性にウェイトを置き、しかも全方位スピーカーを搭載するなどなかなか面白い仕上がり。

何これオシャレ!キューブ型全指向性スピーカー『audio Cube』

今回はそんな『audioCube』のサンプルを入手。「デザイン性が高いのはわかったから、音質はどうなのよ?」ってところも含めてレビューします。
置いておくだけで何だか楽しくなってくるスピーカーですので、これからの季節は一台あると大活躍してくれそうですよ。

デザインと音質の代わりに携帯性を置いてきたスピーカー

audioCube』は105mm四方のワイヤレススピーカーで、マットな質感とポップなボタンが特徴的。
一般的なポータブルスピーカーと比較すると携帯性こそ劣るものの、デザイン性と音質では引き分けることはあっても劣ることはありません。

audio Cube スピーカー

なにせスピーカーユニットをぐるっと4面に装備しているため、全方位にクリアなサウンドを均等に届けてくれます。
また、電源スイッチ裏側には振動プレートを搭載。スピーカーだけではカバーできない低音を作り出し、迫力のあるサウンドを生み出します。

audio Cube スピーカー

3時間の充電で最大10時間の連続使用が可能で、無線接続にはBluetooth4.0を採用。3.5mmオーディオジャックでの有線接続でも可能です。
気になる入手方法ですが現在はAmazonから購入が可能、価格は9,663円(税込)となっています。

アウトドアシーンやパーティーで活躍すること間違いなしのオシャレスピーカーですので、機会がある方は一台持っておくと場をさらに盛り上げることができるでしょう。

カラーバリエーション

実物は思っていたよりオシャレだった!

届いたダンボールを開封すると、『audioCube』が入ったパッケージとご対面。

パッケージ

今回サンプルを提供していただいたのは、紙のリュック『CLUCREAT』を取り扱う東京アロカコ株式会社様です。

内容物一覧。

▲『audioCube』本体と充電ケーブル、オーディオケーブルに説明書が同梱。

Wood/Blackという他にはないカラーをチョイスしてくださったようです。
「このマットな質感いいわ~」となるのは、ガンダム好きな方ならわかってくれるのではないでしょうか。

コントロールパネル

反対側

電源

ぐるっと4面に装備されたスピーカーはなかなかの迫力。
底にくる部分には電源ケーブルの差込口がありました。

コントロールパネル

▲ボタンデザインがこれまた可愛い。

カラーのせいだと思うのですが、このミリタリーな雰囲気が好きという方は多いハズ。
粘土で作ったようなこのスピーカーは、はたしてどんなサウンドを響かせるのでしょうか。

PSE認証

▲PSE認証取得済みのため、安心して使用することができますね。

電源ボタン

▲本体トップにある電源ボタン。内側には振動板が搭載されているとのこと。

手前にはミニプラグの差込口が写っていますが、それにしても電源ボタンが大きいですね。
押しやすいことこの上ありませんが、電源を入れる前にもう少し全体をチェックしましょう。

ヒューズ交換ができるって斬新

ここで気になったのが電源ケーブル差込口のすぐ上にある、何やらカリカリしたら取れそうな部分。

ヒューズ取り出し口

▲外してくださいと言わんばかりの謎のパーツを発見。

よく見るとフタと思わしき部分に「FUSE」の文字が。

ヒューズボックス

▲爪で引っ掛けて外してみると、管ヒューズが入っていました。

最近のプロダクトでヒューズ交換ができるってかなり珍しいですが、何にしろ動作しなくなったときは真っ先にここをチェックしましょう。
過電流などでヒューズが飛んでいれば、交換するだけで何事もなかったかのように再び使用することができます。

ちなみにこの管ヒューズ、どこのホームセンターでも2本数百円という安さで入手可能です。

実際に聴いてみる

それではいよいよ電源を入れて、スマホとペアリングして音楽を流してみましょう。

電源ボタンを押す

▲車のエンジン音とともに、中央の電源マークが点灯。

これにはかなりびっくりしましたが、電源を入れると「キュルルル!ブオンブオーン!!」と車の始動時のサウンドが流れます。
ちなみに電源をオフにすると、「キュッキュッ!」という外車のドアロックした時の音がするので、こんな所にも遊び心が仕掛けられておりました。

Bluetoothbボタン

▲Bluetoothボタンを押してペアリング開始。

接続完了

▲『audioCube』の表記。無事に接続完了しました。

実際に音楽を流す

▲早速プレイリストの音楽を流してみます。

音楽をスタートすると、かなりクリアなサウンドが聞こえてきました。
スマートフォン内蔵のスピーカーとは比較にならないレベルで、感じ方には個人差があると思いますが、市販されている同サイズクラスのワイヤレススピーカーよりもいいのではないでしょうか。

振動板のおかげで低音がしっかりしていますし、それでいてボーカルや中高音はくっきりしているので、個人的にはこれだけ聞ければ大満足です。

優先でも接続できる

▲付属のケーブルで有線接続。

オレンジのオーディオケーブルって始めて見ましたが、実際に使ってみるといい感じにアクセントになりますね。
ワイヤレスで聞くよりも、なんだか楽しそうな雰囲気になりました。

スマートフォンのバッテリー消費も抑えられますので、特に使用する用事がないのであればケーブル接続がいいかもしれません。

これは持ち運びたくなる!

一見携帯性が犠牲になるサイズ感でありながら、性能とデザイン性の高さから逆に持ち運びたくなるという現象に遭遇しました。
世の中は「スピーカーはとりあえずコンパクトにしておけばOK」という流れですが、『audioCube』のようなコンセプトも断然ありですね。

むしろ、携帯するのにサイズ感はあまり関係ないということがよく分かりました。

デスクの上に『audioCube』

▲書斎のデスクに設置。音楽を聞きながら作業に勤しみます。

タブレット用のクリップなどを使って、ミニ三角に固定して使うなんていうのも良さそうですね。
それなら充電しながらでも、4つのスピーカー全てで音楽を聞くことができるでしょう。

リビングのテーブルにて。

▲リビングのテーブルにて。

音質よし、デザインよし、質感よしと三拍子そろったワイヤレススピーカー『audioCube』。
皆さまの家庭にもお一つ置いてみてはいかがでしょうか。

参照元:greenfunding

こちらもおすすめ:

【レビュー#41】ステレオ再生+Alexa対応ワイヤレススピーカー『MEMO』

LumirB
  1. TRAVELOCK2
  2. ECLIPSE
  3. FireFly.2
  4. BN-702M
  5. JIBBON
  6. Laboratry6BikeAssist
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!