フード・ドリンク

一瞬でワインを熟成させる『Oak Bottle』で最高に心地よい夜を過ごしませんか?

ワインやウイスキーを熟成させようとしたら、保存するための環境を整え長い年月を待たなければいけません。どのような味になるかは、月日が経ちボトルを開栓するまでは分かりません。

有名なボトルであれば年月の経ったものも市販されていますが、そのようなボトルは値段が高く、手に入れにくい場合がありますね。

『Oak Bottle』で仲間と楽しむ

もし、普段から飲んでいるテーブルワインや手頃な価格のウイスキーを自分で手軽に熟成させることができれば、ワインやウイスキーがもっと美味しくなり、もっとお酒を好きになることができます。

自宅でそう簡単に熟成なんてできるのか、と考える方もいるでしょう。しかし、とてもカンタンにお酒を美味しくすることができる魔法のボトルがあるのです。それこそ今回ご紹介する『Oak Bottle』です。

どうしてお酒が美味しくなるの?『Oak Bottle』の秘密

『Oak Bottle』熟成ワイン
通常、ワインやウイスキーは長い年月をかけて樽の中で熟成させます。

時間をかけることで樽の香りや色がアルコールに溶け、風味や味わいを増します。樽は小さくなるほど、中に含まれる液体の量が減り樽に触れる液体の割合が増えます。

『Oak Bottle』サイズ

つまり、一般的なボトルのサイズと変わらないこの『Oak Bottle』のボトルはアルコールを美味くするために最適なサイズだと言えるのです。

液体がボトルに触れやすくなるデザイン設計と、オーク材の内部を焼くことで熟成を早める工夫がお酒の味わいを一段と深める『Oak Bottle』なのです。

『Oak Bottle』の魅力!一体どんな味がするの?

『Oak Bottle』イメージ

ボトルはホワイトオークで作られているため、中にアルコールを入れるとオーク材の色と芳ばしい香りが付着します。更に、内部が焼かれたボトルなのでスモーキーな風味も一緒にお酒に付け加えられます。イメージしただけでヨダレが出てきそうです。

『Oak Bottle』素材

リーズナブルなワインやウイスキーも、『Oak Bottle』で寝かせることで上質なアルコールに早変わりします。価格の高いボトルと飲み比べても引けを取らない味わいになるのだとか。

年代物の高価なウイスキーを入れたら更に深い味わいになるのでしょうか。もしそうだとしたら、お酒好きは『Oak Bottle』を手放せなくなるでしょうね。

世界に一つだけのボトル?『Oak Bottle』の価格は?

『Oak Bottle』イメージ

『Oak Bottle』の価格は約$60です。

お酒をボトルに入れる時間が長くなるほど熟成は進み、色や味わいが深くなります。

『Oak Bottle』熟成スピードの証拠

公式サイトでは$30の”ジョニーウォーカー レッドラベル”を『Oak Bottle』に入れたことで、$60の”ジョニーウォーカー ブラックラベル”よりも味わい深くなったと公表しています。低価格のボトルでも価格が2倍するボトルに負けない味へと変貌します。

「ジョニーウォーカーのブラックラベルを1本買った」と思って『Oak Bottle』を購入すれば、ずっとブラックラベルよりも美味しいウイスキーを楽しめるようになります。これは「買い」ですね。

『Oak Bottle』でウィスキーを飲む

更に、『Oak Bottle』のボトルデザインは自分の好みに合わせてオーダーすることができます。つまり、味だけでなくボトルデザインも含めて「自分だけのお酒」を作ることができるのです。

『Oak Bottle』オリジナルデザイン

自分のためだけにデザインされたボトルに、お酒を入れて自分好みの味わいに変えることができる。そんな幸福なことが他にあるでしょうか。

使い終わったボトルは水を入れて軽く振った後に水を捨てたら再利用できます。ワインやウイスキーだけでなくスピリッツも入れて楽しむことができます。

『Oak Bottle』複数のボトル

お酒好きな人ならワイン用、ウイスキー用と酒類に合わせてボトルを購入にしてもいいかもしれません。それでもトータルで見ればお得感の高いアイテムなのです。

参照元: oak bottle

elos
  1. apeman A85
  2. クラウドファンディング
  3. MOFT X
  4. 静電気除去ツール
  5. MOFT X
  6. UiiSii
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!