アプリ

気軽に質問が送れるアプリ『peing』聞きたい事をこっそり聞いちゃう!?

question-mark

peingと呼ばれる、匿名で質問やメッセージを送れるアプリが誕生しました。
開発に開発を重ね、より使いやすくより安全に進化しているpeingです。

以前からこのような匿名サービスが流行っていましたが、ほとんどが海外のサービスで色々な心配がありました。
しかしpeingは日本で作られた国産アプリなので、安心して使うことが出来ます。
SNS上で名前を名乗らずに匿名で利用出来るサービスです。
peingは主にTwitterなどのSNSと連携して使うサービスなので、そのようなSNSへのログインをお勧めします。

peing

現在ではInstagramやFacebookからのログインも可能で、連携し共有することが出来ます。
そのようなSNSを利用している人にはとても耳よりなサービスで、今よりももっとSNSを楽しく充実させてくれるのではないでしょうか。

peingは出来た当初はピングと呼ばれ、個人開発者のせせりさんと言う方が始めたサービスです。
しかしサービス開始と共に物凄い人気で利用者が膨れ上がり、月間2億ページビューを集めたサービスなのです。
現在では「ヒカカク!」や「最安修理ドットコム」などのサイトを運営する、株式会社ジラフの手に渡り呼び名もペイングと変更されています。

ジラフ

出典: Jiraffe

せせりさんは、正直人気が出過ぎて個人の手に追えなくなっていたとコメントしています。
せせりさんは30個以上のサービスを開発したクリエイターで、現在ではジラフにアドバイザーとして在籍しているそうです。

ジラフの運営により、元々Twitterのみでの連携をFacebookやInstagramへと広げ、今やサービスのアプリ化で世界155ヵ国に配信されるようになりました。
機能もどんどん開発され、様々なサービスのアップロードが繰り返されています。
peingは特定のプラットホームに依存する必要のない、各SNSでpeing自体がSNS化するシステムなのです。

使い方もとてもシンプルで、TwitterやInstagram、FacebookやGoogleアカウントからスムーズにログインできます。
各SNSへの連携は、設定画面から既存アカウントへ連携して下さい。

Twitter

匿名の質問を受けとる場合は、peingアカウントに質問箱を開設します。
質問するだけの利用ならば質問箱の開設をしなくても、興味のあるユーザーにそのまま質問することが可能です。
質問箱には匿名ユーザーからの質問が寄せられますが、答えたくない質問に無理に答える必要はありません。
好きな質問にだけ回答すれば良いのです。

peing

連携をした場合、TwitterならばTwitterのフィールドに質問と回答が表示され、フォロワーも閲覧出来ます。
Instagramでは個別に画像保存することで、Instagramの投稿で回答する事が出来ます。
スクリーンショットした質問一覧に回答をしてシェアすることも可能です。

またpeingには通知機能が追加され、今までのように質問が来ているかわからないと言った状況がなくなりました。
質問箱ページには、本人がフォローしているユーザーの質問箱一覧表があるので、質問したい相手を探す手間が省けるようになっています。

peing

peingは相手もpeingを利用している人同士のサービスですが、質問箱を開設していないユーザーへプレ質問が出来る機能もあります。
しかしそのプレ質問は、相手が質問箱を開設するまでは見ることが出来ません。
そこでリクエストURLを送ると、質問の蓄積数を確認出来るようになっています。
質問の蓄積を見て、未開設ユーザーの開設へのモチベーションを高めるシステムにしました。
是非気になるユーザーが未開設だった場合は、このシステムを利用したいものです。

peingはこれからもアプリやTwitter上でのサービスに留まらず、分散型SNSモデルを目指しているそうです。
各サービスに適切なコンテンツを配信し、ますます進化を続けるpeingに今後も期待度が高まります。

peing

Peing -質問箱-
匿名で質問をみんなにできるアプリ
Jiraffe Inc.

appstore アプリ アイコンgoogle-play アプリ アイコン

LumirB
  1. TRAVELOCK2
  2. ECLIPSE
  3. FireFly.2
  4. BN-702M
  5. JIBBON
  6. Laboratry6BikeAssist
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!