アプリ

もう見逃さない!VTuberとつながるライブ配信アプリ『REALITY』

VTuber キズナアイ ミライアカリ

バーチャル空間で3Dモデル(アバター)やイラストを使ってYoutubeに動画を投稿しているバーチャルYoutuberをご存知でしょうか?
もともとはキズナアイというYoutuberがキャラクターを使って配信を開始、さらに初めてバーチャルYoutuberを自称したことが始まりとされています。

その後2017年の12月に配信を開始した輝夜月(カグヤルナ)というVTuber(バーチャルYoutuberの略)が人気爆発。

キズナアイの独壇場だったVTuberというジャンルにグイグイ食い込んでいき、現在ではシロミライアカリバーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん「四天王と呼ばれる5人」としてますます注目を集めています。

そんなVTuberともっと繋がりたいと言う人のために開発されたのが『REALITY』というアプリで、VTuberのライブ配信を毎日無料で視聴することができます。
出演するVTuberはまだそこまで多くないですが、もしも好きなVTuberがいるなら早速インストールしてみてください。

reality キズナアイ ミライアカリ

グリー発VTuber専用プラットホーム

グリー株式会社グループの株式会社Wright Flyer Live Entertainment(WFLE)が8月7日15:00にバーチャルYoutuber専用ライブ配信アプリ『REALITY』をリリースしました。
配信初日の21:00からは「リタ」と「リズ」の2人からなるユニット「KMNZ(ケモノズ)」によるライブ配信を開始。

このアプリの魅力はギフトやコメントなどによるVTuberとの交流ができることで、ギフトの内容によっては仮想空間に直接投げ込めるのでリアルタイムでのリアクションを楽しむことができます。
収益化については配信初日から実装されている有償ギフトにより売上を獲得する事が可能。

キズナアイが一回の配信中だけで合計27万円のスパチャ(投げ銭)を獲得したという記録が残っていますので、もしかしたらその記録を超えるようなVTuberが現れるかもしれません。

reality キズナアイ ミライアカリ

出演予定のVTuberや参画プロダクションも発表済み

まだリリース直後ということもあってそこまで人数は多くありませんが、月ノ美兎ときのそらねこますなどのVTuberが出演を予定しています。
さらに参画プロダクションは大手のにじさんじをはじめ、キズナアイ所属のupd8、ときのそら所属のホロライブ(hololive)などです。

今後「四天王と呼ばれる5人」のうちの誰かが出演するような機会もあるかもしれないので、気になる人は番組表を小まめにチェックするようにしましょう。
現在は月間で60時間の配信を予定、順次拡大していく予定とのことでこれからの展開がますます楽しみです。

reality キズナアイ ミライアカリ

だれでもオリジナルアバターが作成可能になる?

2018年秋頃には誰でもVTuberとしてライブ配信ができるアバタープラットフォームα版「REALITY Avatar(仮称)」についての情報が公開予定です。
現在わかっている情報では、専用機材やPCなどを使わずに誰でも簡単にオリジナルアバターが作成できるようになるとのことで、VTuberの人数が爆発的に増えることが予想されます。

ちなみにこうしたアバターの製作が簡単にできるようなプラットフォームが増えてきていますので、もしかすると今後アバター製作から編集、アップロードまですべて一つのアプリで行えるようなものが登場するかもしれません。
やり方によってはかなり効率的に収益化できるかもしれませんので、今からアンテナを伸ばしてある程度の知識を仕入れておくといいのではないでしょうか。

reality キズナアイ ミライアカリ

REALITY
WFLE, Inc.

appstore アプリ アイコンgoogle-play アプリ アイコン

参照元:REALITY

いつものヘッドホンをヘッドセット化できる『ModMic』

静電気除去ツール
  1. MOFT X
  2. UiiSii
  3. fonebudW
  4. Mr.Charger
  5. LUMIR
  6. AGレンズ洗浄機
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!