アプリ

寝坊がなくなる!?織田信長からまさかのモーニングコール『OKOS』

だんだん寒くなっていくにつれ、朝起きるのも億劫になっていきますね。
起きてもベッドから出られなくて、もぞもぞしてるうちに二度寝なんていうこともしばしば。

そんな時にぱっと目が覚めるような出来事があったらいいのになーと考えたことはありませんか?
できれば労せずシャキっと起きて1日をはじめられればいいのですが、なかなかそんな上手くはいきません。

しかし戦国武将から電話がかかってきたらどうでしょうか?
びっくりして飛び起きそうじゃないですか?
起きたところでこれは多分夢だとまた寝てしまいますか?

「起きよ。起きぬなら・・・わかっておろうな?」

100人の武将からモーニングコールがかかってくる『OKOS』で素敵な目覚めをあなたに

クラウド型コールアプリ『OKOS』

株式会社コンテンツが提供するクラウド型コールアプリ『OKOS(オコス)』は、iOS10以降の機能である「CallKit」とクラウド電話APIの「Twilio」を組み合わせて開発されたモーニングコールサービスです。

選び抜かれた100通りの「朝言われたら思わず起きたくなってしまうセリフ」で素敵な目覚めを演出してくれます。

映画「君の膵臓を食べたい」ともタイアップを行ってきた「OKOS(オコス)」ですが、バージョン2のリリースに伴い「戦国ボイス」ほか複数の機能が追加されました。
バージョン2ではより快適に使用するための「コール予約機能を拡充した有料プランが用意されています。

100種類の「戦国ボイス」

これまでの『OKOS』に搭載されていたボイスとは別に、音声クラウドソーシングサービス「 Voip!(ボイプ)」を運営するPanda Graphics株式会社の協力のもと、 100種類の「戦国ボイス」が収録されています。

目覚めた直後に戦国時代のシチュエーションを再現するセリフによって、 まるでタイムスリップしたかのような目覚めを演出してくれます。
1つのパッケージに20~30程のセリフがひとまとめで収録されており、 コールを受けるごとにセリフが替わるので飽きることなく受け取ることができます。 

 着信時の画面にはキャラクター名、もしくは声優名が表示されていますので、寝ぼけて見たときにはかなり驚くことでしょう。
中にはマニアックな武将も登録されているようですので、自分の好きな武将だけでなく新しい武将を知れるいい機会になるかもしれません。

Android版『OKOS』鋭意開発中!

現在iOS版のみの展開となっていますが、多くの要望によりAndoroid版『OKOS』の開発が進んでいるようです。
今年の11月にはリリース予定ということですのでAndroidユーザーは待ち遠しいですね。

現在は2種類の料金プランが用意されており、月額980円使い放題プランがおすすめです。
もう1つのアイテム購入プランは5アイテム240円となっており、1回のコールにつき1アイテム消費します。
 毎日モーニングコールを予約する場合は最初から980円のプランにしておけば、朝だけでなく休日のお昼寝にもどんどん利用できますね。

1日の始まりはやはり”武将”から。

男性であれば漫画の影響もあり前田慶次あたり、
女性だとアニメやゲームの影響で真田幸村伊達政宗あたりが人気出そうですね。
個人的にはやはり織田信長雑賀孫市、武将ではありませんが女性の淀殿にSっ気たっぷりな感じでモーニングコールしてもらいたいです。

静かに話しかけられるよりは
「これから討ちに行ってやるから首を洗って待ってろ!」くらいの方がびっくりして飛び起きそうです。

歴史好きだけでなく楽しめるサービスなので、朝に弱いという方は一度試してみてはいかがでしょうか?

参照元: OKOS 公式サイト

  1. EvigGrön
  2. Monogriis
  3. Compact Fishing System
  4. Card20
  5. LadyBird
  6. SpinnerLine
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!